家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

窓へのこだわり

住宅の断熱性能をこだわるうえで、
壁や床、屋根の断熱性も重要ではあるが、
どこも同じような工法を採用しているので、
あまり差はないように感じるようになった。
(一部のローコストメーカー除く)
それよりも家の大きな開口部である、
玄関ドアや窓の断熱性がほうが重要な気が…。
ただ玄関は一カ所、窓は数カ所。。
もちろん玄関の断熱も必要だけど、
それよりも窓の断熱性に興味が湧いた。

HMは、商品やグレードによって、
標準の窓を設定しているところがほとんど。
大抵のHMでは空気層12mmのペアガラスのアルミサッシで
室内側を樹脂でカバーしているタイプを採用している。
それにオプションをつけることによって、
アルゴンガス入りやLow-E加工されたガラスにすることができる。
HMの中には空気層6mmのペアガラスのアルミサッシが
標準にしているところもあったけど。

そんな中、いろんなHMを見てきて想像を超える窓に出逢った。
それが東急ホームの標準であるアンダーセン社の木製サッシ。
空気層12mmのペアガラスでアルゴンガス入りのLow-E。
木製のサッシはアルミより圧倒的に断熱性がいいといわれている。
さらに、外側は樹脂でカバーされいるので耐久性も安心。
夫はこれを見て感動していた(笑)

今住んでいる集合住宅のアルミサッシはシングルガラスなので、
ガラス部分の結露がひどい。
しかし、実はそれ以上にアルミの部分の結露が激しい!
たとえ樹脂でカバーしたところで、この結露は抑えきれないだろう。
結露はカビの原因になることも多く、
健康のことを考えるとこまめな掃除が必要。
また、結露することによって、
室内の水蒸気が水になってしまい、部屋も乾燥してしまう。
結露の原因は湿度といわれることも多いが、
実際は湿度が高いから結露するのではなく、
窓の断熱性が悪いから結露してるように思われる。

もう、結露に悩まされるような家には住みたくない!
その一心で、窓にもこだわるようになった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサーサイト
住宅性能 | コメント:10 | トラックバック:0 |

C値とQ値

HMのカタログを見ていると必ず出てくる聞き慣れない単語。
C値とQ値。
他にK値というものもあるけれど。
C値とは相当隙間面積。
K値とは熱貫流率。
Q値とは熱損失係数。

もっと簡単に言うと。
C値とは…建物そのものの気密性能を表しているもの。
     数値が小さいほど良いということになる。
K値とは…窓の断熱性や壁、床、天井に入っている
     断熱材の性能を数値化したもの。
Q値とは…実際の建物で熱をどれだけ逃がさないかを表して
     いるもの。
     断熱性能が良いほど、数値が小さくなる。
     次世代省エネ基準もこの数値を元に設定されている。

これは国土交通省と経済産業省が定めた住宅性能の基準。
夫はこれらの数値をかなり気にしているみたいで、
どこのHMにも聞いていた。

一般的な鉄骨系HMでは、次世代省エネ基準IV地域を
標準でクリアできますというのが売りのようです。
数値にすればQ値で約2.6W/m2Kは達成しているとのこと。
北海道ではQ値は1.6以下にしないと次世代省エネ基準は達成できません。
いくら断熱材をいれても鉄が熱を逃がしているので、
鉄骨系HMで高断熱を謳うのは難しいです。
北海道では鉄骨の家が少ないのはこれが原因か?

ローコストのメーカーの中には、
断熱性能はいいとしか言わないところもあった。
数値はわからないとのこと。
実際に見せてもらったけど、
壁の断熱材、床下の断熱材やペアガラスのアルミサッシで、
どこまでの断熱性があるかは疑問。
プロならわかるのかもしれないけれど、私は素人だし。
数値の基準があるんだから、やはり数値で答えてもらわないと。

他に在来工法は隙間が多いということも聞いたりしました…。

少しのエネルギーで家の中を快適な温度に保つためには、
客観的に数値で表される断熱性能というのもは重要。
断熱だけが住み心地を変えるとは思わないけれど。
HM選びの一つの基準になった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
住宅性能 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。