家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

23ヶ月点検

前回の記事で”今年は更新ペースを上げる”と書きましたが、
早速滞っている状態でスミマセン・・・m(_ _)m
事情はあるのですが、それはいずれ記事にしたいと思いますので、
もうしばらくお待ちくださいね~!!
(ってこのペースではいつになるんだろう・・・(汗))

では早速本題へ・・・。

昨年のことですが、暮れも押し迫るある日、
23ヶ月点検がおこわなわれました。
引渡は9月だったので、およそ4ヶ月遅れですが・・・(^_^;)
アフターの方には2ヶ月遅れの10月に連絡をいただいていたのですが、
我が家の都合で年末になってしまったのです。
まあ、13ヶ月点検も4ヶ月遅れだったのでちょうどよかったかな(笑)

23ヶ月点検の内容は13ヶ月点検の時とほぼ同じようです。
前回と同じように外回りをチェックしてから、家の中へ。
細かく見ていただきましたが、特に問題は見つからず♪
クロスの継ぎ目を埋めてもらうだけの補修でした。

ただ、アフターの方によると、
2年くらいで階段周りのクロスに亀裂が入る事が多いとの事。
我が家は今のところはそのようなことは無いのですが、
暖かくなると可能性が上がるそうなので、
春まで様子を見ることになりました。
もし亀裂が入ったら、クロスの張り替えで対応してもらえるそうです。

点検当日はこれで終わったのですが、
年が明けた先日、外回りの部分補修に来てくださいました。
補修
今回の補修は玄関周りのコーキングです。

丁寧に隙間を埋めてもらい・・・。
継ぎ目1  継ぎ目2
黒く目立っていた部分がなくなりました。
ただ、周りが少し色あせているので、
コーキング剤が明るく目立っていますが・・・(^_^;)
そのうち馴染んでくれるでしょう♪

とりあえずこれで23ヶ月点検は終了です。
と同時に無料補修も終わりという事ですが。。。

このまま何の問題も無く、住み続けられると良いなあ。。。


↓↓応援していただけると嬉しいです♪↓↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサーサイト
点検 | コメント:2 | トラックバック:0 |

玄関タイルの運命はいかに!?

13ヶ月点検でヒビを指摘した我が家の玄関タイル。
玄関タイルにヒビが。。。
その後、既に廃盤になっている事実を知ってどうなることやら。。。
と思っていましたが、先週、工務の方から連絡がありました。

なんと、見つかったそうです♪

1枚だけ・・・との事ですが・・・(^_^;)

そして昨日、玄関タイルの補修が行われました。
来られたのは年配の職人さん。
インターホンに出ると、『タイル屋さんです!!』との大きな声が・・・。
・・・タイル屋・・・さん・・・???
“おお~!待ちに待っていたタイル屋さんだ!”
と思わずウケてしまいました。

そして、早速補修開始!!!
という段取りだったのですが、この段階になって1つの問題が。。。

今回ヒビが入ったタイルは、
エントリークローゼットの境になっている箇所で形が複雑な上、
扉も設置されているというおまけ付き(笑)
タイル屋さんなので、タイルをカットする事はできるのですが、
問題は扉。
タイルに扉を設置するための金具が取り付けられています。
これを外さない事にはタイルの補修はできないのですが、
タイル屋さんでは扉も金具を外すことができないとの事。

うう。。。そんな・・・(汗)

といっても、私も扉の外し方なんて知らないし・・・(>_<。)

タイル屋さんがどこかに電話をして現状を説明し、
対応方法の返事を待っている間にお話をしていたら、
タイルのヒビを補修するためのコーイングがあるとの事。
メーカーから出ているそうです。
知らなかった~。

もしダメなら交換してもらえばいいだけの事なので、
試しにコーキングをしてもらったところ・・・。
タイル補修後
ほとんどわからないかも。。。
これなら無理に交換してもらわなくてもいいかな~。
コーキングは水に強く、濡れても大丈夫とのことだし、
剥がれてしまうような事もないそうだし・・・。
それにタイル屋さんも、万が一交換作業中に失敗した場合、
1枚しかないタイルがなくなってしまう事を危惧されているし。。。
しばらくはこれで様子を見てもいいかな。
今後何か不具合があった場合は交換してもらうという条件で、
今回はこれでOKということにしました。

結局、作業時間約1分・・・(^_^;)
ヒビの箇所にコーキングを塗り込むだけの作業でした。
来ていただいて申し訳ないと思ったほど、簡単な補修。。。
これなら自分でもできたと思うと、ホントに申し訳ないです・・・。

でも、まあ、見た目はきれいになったし、よかったかな♪


↓↓ポチッ!としていただけると励みになります♪↓↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
点検 | コメント:4 | トラックバック:0 |

温度差対策

前回の記事の続きです。

先日行われた13ヶ月点検の時に、
工務の方に1つのお願いをしました。
それは全館空調についてです。
(ちなみにこの時は正常に動いていました(苦笑))

以前の記事中で少しだけ触れたことがありますが、
我が家は1階と2階でかなり温度差があります。
現在、我が家の全館空調の設定温度は21℃なのですが、
実際の温度は1階は18.9℃、2階は23.6℃になっています。
いつも約5℃くらいの差があるのです。
暖かい空気は上昇するので、
1階より2階のほうが暖かいのは仕方がないのですが、
我が家には他にも理由と思われることがあります。

それは、空調の風量です。

全館空調の風量は1階と2階で変えることができます。
ちなみに今の我が家の風量は、1階が80%で2階が20%。
風量そのものは強弱しかないので、
例えば1階、2階ともに30%ずつというような事はできません。
100%の風量の割合を決めることができるだけです。

ですが、実は我が家の風量バランスは、
1階と2階では分かれてはいません
1カ所だけですが、1階の分が2階に使われています。
メーカーの計算により最初からこれで設置されました。

その1階分の吹出口があるのは、リビングです。
我が家のリビングには2つの空調の吹出口があります。

こちらがリビングの南側にある吹出口。
南側

そして、こちらが北側。
北側

多分、南側の吹出口が1階分だと思われます。
このため、2階の風量を弱くして1階を強くしても、
リビングの風量は何も変わりません。
温度差が5℃はこれが原因ではないのかな~。
素人考えですが・・・。

そこで工務の方に、
1階になっている分を2階にできないかとお話したところ、
メーカーに確認してくださることになりました。

ということで、現在はお返事待ちです。
どうなるのかな。。。


↓↓今日もよろしくお願いいたしますm(_ _)m↓↓
  またもや順位が下がってしまい、凹んでいます。
  皆さまの暖かい“ポチッ!”を待ってます♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
点検 | コメント:4 | トラックバック:0 |

13ヶ月点検

今週の月曜日、我が家は13ヶ月点検を受けました。
実は引渡を受けてから、すでに17ヶ月。
本来であれば昨年の10月に13ヶ月を迎えたので、
その時に点検をされるはずだったのですが、
我が家の都合で今まで延びてしまっていました・・・(^_^;)

点検に来られたのは工務の方。
建築中に何度か現場でお会いしたことがあります。
挨拶もそこそこに、まずは家の外回りをチェック。
念入りに見られていたようですが、特に問題はありませんでした。

続いて、家の中へ。
こちらからも気になっているところを伝えていきます。

まずは玄関。
玄関タイルにヒビが入っています。
玄関タイルにヒビが。。。
1枚だけですが・・・。
職人さんによる補修になるので、
後日連絡をくださることになりました。

続いてホビールーム。
バーシンクの排水の臭いが気になっています。
バーシンク下
3ヶ月点検の時に配水管の形を変えてもらう事によって、
排水口から臭いが漏れないようにしてもらったのですが、
それでも臭いが漏れてくるのです。
あまり使わない水道なので、毎日意識して水を流して、
排水トラップの水の蒸発を防いでいるのですが。。。
見てもらったところ、
床とパイプの間から漏れているのではないかとのことだったので、
コーキングをしてもらいました。
これで臭いがなくなるといいのですが・・・。

そして、ファルコンの書斎。
ドアの開閉時に「ギィ~」という音がします。
最初は蝶番の油切れという判断で油を注してもらいましたが、
音は消えず・・・。
書斎の主(笑)であるファルコンによると、
引っかかりを感じるという事だったのでよくよく見てみると、
ドアの下のほうが枠とぶつかっていました。
補修はぶつかっているところを削る程度で済むという事でしたが、
まだ木が落ち着いていないということなので、
今回はそのままにしておく事にしました。

他にはあまり気になっているところはないのですが、
お願いが1つ。。。
2階にある壁の一部が壊れてしまいました・・・(>_<。)
壊。。。
クロスだけではなく、その下の石膏ボードまで割れています。
(ショックで写真もボケボケ・・・(^_^;) )
何かをぶつけたと思うのですが、それが何かはわからず。。。
ファルコンには私が掃除機をぶつけたと疑われましたが、
残念ながらそのような事実はありませんし・・・( ̄‥ ̄)=3 フン

アフターの方に相談すると、応急処置ならできるとの事。
応急処置
割れている箇所に接着剤を入れて塞いでもらいました。
これで目立たなくなくなりました♪

でも、確か建築中に壁の角の部分には、
プラスチックのような板を入れていると聞いていたのですが???
ここには入っていないの~!?
う~ん。。。疑問…( ̄~ ̄;)

13ヶ月点検はこんな感じで、
大きな問題は見つからずに無事終了しました。
でも今回はもう1つ、あるお願いをしたのですが・・・。
それについては長くなりそうなので次回にしたいと思います。


↓↓いつもありがとうございます!↓↓
  今日もよろしくお願いいたします♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
点検 | コメント:4 | トラックバック:0 |

照明復活!

勾配天井の補修工事で外されたまま、
取り付けが忘れられていたロフトの照明が、
昨日、電気屋さんによって無事に取り付けられました。
ロフト照明
電気屋さんは、配線の関係で照明が付かないものだと思って、
来られたそうです。
玄関でしきりに謝られたので、
なんかおかしいなあと思っていたのですが、
そういう事だったんですね。
今回の照明の件は電気屋さんは全く関係なかったので、
事情を説明すると、ホッとされたようでした(笑)

それにしても、今回は5分もかからなかった作業。
簡単な事でお呼び立てしてしまって申し訳ないです・・・。
このくらいの事、自分で出来るようになったほうがいいのかなあ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
点検 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。