家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

<133日目>箱・箱・箱!

竣工検査まであと2週間になりました。
家自体はほぼできあがり、
そろそろ設備工事に入る段階です。

↓設備第1弾!
設備

左から4つある白い箱は、
トイレが入っているようです。
便器が2つ、タンクが2つ。
その隣にある3箱もトイレと同じメーカーの箱なので、
トイレ関連の部材だと思うのですが、
何が入っているかはわかりません。
トイレの蓋とかでしょうか???

↓こちらは照明の箱。
照明

東急ホームにお願いした照明が届いています。
右側の4つとその左の1つが照明です。
でも、お願いしたのは大きなものが1つと、
小さいものが2つなのですが・・・。
それ以上に箱があります。
え~、もしかして発注ミス?!
そう思いコーディネーターの方に連絡すると、
すぐに確認をしてくださることになりました。

↓そして、こちらも照明の箱。
照明2

こちらは施主支給をした照明です。
全部で7箱。
現場で代引きで受け取りました。
照明は壊れやすいものなので、
この日に入れてほしいと、
コーディネーターの方に言われていました。
約束が守れてよかった~♪
といいつつ、実は玄関外の照明はまだなのですが・・・(^_^;)
少し遅れることを伝えて、了承して頂けました。

これらの段ボールを開けたい衝動に駆られましたが、
それは我慢、我慢・・・。
早く見てみたいなあ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサーサイト
設備工事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ステンレス配管

悩みに悩んで、入れることを決意した、
全館浄水の大事なポイントであるステンレス配管
この段階にして初めて見ることが出来ました♪

↓オレンジ色の物がステンレス配管です。
キッチンの配管

こちらはキッチンです。
お湯、水、食洗機の3本の配管がされています。
他のグレーと黒のパイプは排水用です。

↓オレンジ色のキャップような物をはずしてみました。
ステンレス配管

金属のパイプが見えます。
この中を水が通るのですね~♪

浄水の通り道だからこそ、
耐久性があってサビにくいステンレス配管が必要です。
普通の水よりも浄水の方が汚染されやすいでしょうし…。
最近では、環境ホルモンの心配が懸念される素材のパイプも
あると言われていますし…。
せっかく浄水したのに、
配管のせいで普通の水より汚染されては堪りません!!
浄水していないそのままの水の方がましです。
そう考えると、
蛇口に取り付ける浄水器は理に適っているのですね。
使用する直前に浄水されるのですから…。
我が家は、使用直前ではなく、
水を家に入れる時に浄水する全館浄水のため、
配管を重要視して、ステンレス配管を採用しましたけど…。

もちろん浄水でなくても、
ステンレス配管は有効と言われています。
サビにくいのでサビ水の問題もありませんし、
環境ホルモンの溶出もありません。
強度もかなりあり、たとえ傷が付いたとしても、
表面の保護被膜が自己再生しますし…。
衝撃にも強く、寿命は住宅寿命より長いそうです。
家がボロボロになっても、
ステンレス配管だけがピカピカだったりして(笑)
もちろん、環境によるところが大きいと思いますけど…。
でも、公共施設も耐久性の面から、
ステンレス配管が採用されているそうですし、
かなり強度があるということは間違いなさそうです。

これで、全館浄水の恩恵を最大限に受けることが出来そうです。
私の手荒れもよくなるといいな~!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
設備工事 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。