家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

全館空調

東急ホームの家を見学していて驚いたこと。
昔はなかったが、今時の家ではほとんどある物がない。
それがないことによって、部屋がとてもスッキリしてる♪
それは・・・、エアコン!
普通は各部屋に壁づけか埋め込みのエアコンがあるのに。
あるのは換気口みたいな穴だけ。

私はそれまで空調はエアコンしか考えていなかった。
というか、それしか思い付かなかった…。
全館空調という存在を知らなかったんだけど。

エアコンで考えていたときも、
天井埋め込みは別として、壁にエアコンをつけることによって、
置く家具を考えないといけないと思っていた。
室外機もエアコンの台数分を置かなければならないので、
外の場所も考えないといけないし、ダクトも気になっていた。
フィルター掃除もエアコンの台数分(>_<。)
あと、私はエアコンが少し苦手。
真夏でも寝るときは必ず切る。
そうしないと翌朝、声が出なくなるから…。
それでも、それしか知らなかったから仕方がないと思っていた。

でも、全館空調ならその心配はないらしい。
一般的な家の規模なら、全館空調の機械は1台。
室外機も1台。
フィルターも1カ所のみ\(^o^)/
掃除が楽〜♪
さらには、今の新築住宅には義務づけられている、
24時間換気システムも全館空調の機械でできる。
それで、家中が快適な温度!
真冬の洗面所や真夏のトイレが不快じゃない♪

それに、私が初めて東急ホームの家を経験したのは、
すでに入居されている方のお宅だったけど、
とても新鮮な空気だった。
窓を開けることもほとんどないらしい。
年中花粉症気味の私にとってはとてもいい感じ。
風が直接当たるという感じもないし。

ただ、問題点もある。
それは乾燥。
エアコンでも乾燥するから一緒なんだけどね。
あとは電気代。
基本的にず〜っとつけっぱなし。
結構高いだろうな…。
他には、機械が1台なので故障すると大変だし、
エアコンに比べて機械も高いし…。

でも、東急ホームでは全館空調が標準仕様になっているらしい。
後によく聞いたら、はずすこともできるらしいので、
完全に標準とは言い切れない気もするけど…。

問題点はあるにしろ、一度経験してしまうと手放したくないだろうな。
贅沢な気もするけれど、やっぱり快適に生活したい!

私の家づくりで、全館空調が最重要ポイントになってしまった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサーサイト
HM選び | コメント:0 | トラックバック:0 |

自作

展示場を見学し、一通り説明を受けた後は、
間取りの提案をしてくるHMがほとんど。
希望を伝え、それに沿って間取りを作ってくれるが、
難しい要望が多いので、なかなか気に入る間取りにならない。

それに業を煮やした夫。
とうとう、自分で間取りを作ると言い出した。
まあ、いいんだけどね。
誰かに迷惑がかかるわけではないし。
自分の希望は自分が一番わかっているわけだし。

なるべく正確に作るため、
HMによって異なるモジュール、柱の太さ、
壁の大きさや厚み等を調べ、
それに合わせて作ることにする。

屋上に天体望遠鏡を設置できるように、真下には耐力壁を設け、
ビリヤード台をおくことができるスペースを確保する。
あとはLDK、寝室、書斎、個室、水回り、玄関、階段等。
パソコンを使って作成するが、パズルみたいでなかなか楽しい。
最初は、家の中の間取りを考えるだけで精一杯だったが、
数をこなしていくうちに、
家の形や窓の位置といった、
外観にもこだわって間取りを作るようになった。

そうして夫が作った間取りは数知れず。
すべて私が却下したけれど。
なぜなら自分の要望ばかりで、
私の要望が入っていないことが多いし、動線も無視されている。
2人の要望を全部入れるには、
家を大きくしなければならないので、無理だとわかっているが、
なんでそこなのっていうところを削ってくる。
それなら自分の趣味を我慢しろ!
それに毎日家事をする私の身になって動線も考えて欲しい。

その中でもまあまあだったものをHMに見せてみる。
反応は様々で、夫の間取りをベースにして、
新たな間取りを提案してくれるところもあったが、
最初から無理というところもあった。
ただ、図面で説明ができるので希望は伝えやすくなったかな。
今になって思えば、自分で間取りを考えるというのも、
イメージをつかみやすくて良い方法だったのかもしれない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
間取り | コメント:0 | トラックバック:0 |

屋上ドームは難しい

家を建てる目的が、「自宅で手軽に天体観測」の夫。
でも、屋上にドームを設置するのは無理というHMが増えてきた。
特に鉄骨系。
重さには対応できるけど、揺れを防ぐには難しいとのこと。
各HMがそれぞれ方法を探してくれたが、
補償の問題でアウトになるらしい。

HMに任せっぱなしにしておくわけにもいかないので、
いろいろ方法を探してみる。
こういうときにインターネットというのは便利。
実際に屋上にドームを設置した方が方法を載せていた。

それは、地面からコンクリートの柱を立ち上げて、
その上に望遠鏡を設置。
望遠鏡の柱に接しないように、
周りを木などで組んで観測室と呼ばれる部屋を作り、
その上にドームを設置。
柱と観測室の床の間に隙間を作るのがポイント。
床と接していないので、歩くときの振動は防げるし、
風はドームが受けとめてくれるので、望遠鏡は揺れない。
私はこの構造をドーナツ構造と名付けた(笑)
多分、家庭の天体ドームの設置方法としては最高だろう。

この方法で屋上にドームを設置できないか各HMに打診してみる。
結果は、ダメ。
理由は雨じまいと地震の時の揺れの問題。
屋上に隙間があると雨漏りの可能性が高くなるのと、
RCの柱にすると混構造になるので、
地震の時の揺れ方が異なり、家が破損する可能性が高くなる。

鉄骨造は丈夫なイメージがあったのだが…。
やはり屋上ドームはRC造で考えるしかないという結論に達した。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
ドーム | コメント:0 | トラックバック:0 |

私のこだわり

夫が次々に家に対する希望を出す中、
当然私にも考えていたことがある。

 ・LDK
   広々とした一体型を希望。
   家族の行動に目が届きやすい。

 ・Iランド型のオープンキッチン
   ダイニングテーブルとつなげて使いたい。
   匂いの問題があるが、
   独立キッチン以外はあまり変わらないと思うし、
   それならばおしゃれなオープンキッチンにしたい。

 ・和室
   リビングと接していて仕切れるもの。
   来客に泊まっていただくための部屋としても使える。
   独立した和室だと普段は使わないのでもったいない。

 ・WIC
   所持している洋服ダンスと整理ダンスも入れたいので、
   かなり広いスペースが必要。

 ・収納
   納戸の他に使うものを使うところに収納したい。

 ・階段
   独立した階段を希望。
   リビング階段が流行だけど、来客や空調を考えて。

 ・子ども部屋
   玄関から直接出入りできないこと。
   リビングを通るなど、行動がわかるようにしたい。

 ・家事スペース
   ミシンやアイロンを使うことができて、
   収納する場所が欲しい。
   できればパソコンや本も置きたい。

 ・夏涼しく、冬暖かい
   なるべく光熱費を使わず、
   自然の力で過ごしやすくしたい。


私が家に対して求めていることはかなり一般的。
きっと私の希望だけなら、
予算内でもすべて入れることができるだろう。
でも、夫の希望を入れないというわけにもいかない。
なるべく2人の希望を取り入れつつ、妥協点を探らなければ…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
要望 | コメント:0 | トラックバック:0 |

窓へのこだわり

住宅の断熱性能をこだわるうえで、
壁や床、屋根の断熱性も重要ではあるが、
どこも同じような工法を採用しているので、
あまり差はないように感じるようになった。
(一部のローコストメーカー除く)
それよりも家の大きな開口部である、
玄関ドアや窓の断熱性がほうが重要な気が…。
ただ玄関は一カ所、窓は数カ所。。
もちろん玄関の断熱も必要だけど、
それよりも窓の断熱性に興味が湧いた。

HMは、商品やグレードによって、
標準の窓を設定しているところがほとんど。
大抵のHMでは空気層12mmのペアガラスのアルミサッシで
室内側を樹脂でカバーしているタイプを採用している。
それにオプションをつけることによって、
アルゴンガス入りやLow-E加工されたガラスにすることができる。
HMの中には空気層6mmのペアガラスのアルミサッシが
標準にしているところもあったけど。

そんな中、いろんなHMを見てきて想像を超える窓に出逢った。
それが東急ホームの標準であるアンダーセン社の木製サッシ。
空気層12mmのペアガラスでアルゴンガス入りのLow-E。
木製のサッシはアルミより圧倒的に断熱性がいいといわれている。
さらに、外側は樹脂でカバーされいるので耐久性も安心。
夫はこれを見て感動していた(笑)

今住んでいる集合住宅のアルミサッシはシングルガラスなので、
ガラス部分の結露がひどい。
しかし、実はそれ以上にアルミの部分の結露が激しい!
たとえ樹脂でカバーしたところで、この結露は抑えきれないだろう。
結露はカビの原因になることも多く、
健康のことを考えるとこまめな掃除が必要。
また、結露することによって、
室内の水蒸気が水になってしまい、部屋も乾燥してしまう。
結露の原因は湿度といわれることも多いが、
実際は湿度が高いから結露するのではなく、
窓の断熱性が悪いから結露してるように思われる。

もう、結露に悩まされるような家には住みたくない!
その一心で、窓にもこだわるようになった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
住宅性能 | コメント:10 | トラックバック:0 |

建築現場にて

RC造で候補になっているのは2つの会社。
どちらもFCの会社。
現場打ちだけど、
従来の方法ではなく型枠断熱方式を採用しているところ。

1社は片面だけ断熱材の型枠を使用し、
もう片面はFRPという素材の板を使う。
その間にコンクリートを流し入れ、
コンクリートが固まった後にFRPの板をはずし、
RC造の特徴である打ちっ放しを見せることができる。

もう1社は両面とも型枠断熱材を使用するので、
コンクリートが固まった後はそのまま。
両面断熱なので、断熱性は抜群だと思われる。
ただ、打ちっ放しにすることが難しく、
コンクリートの状態も確認しにくいのが難点。

この2社の建築現場を見に行くことになった。
私が希望したからだけど。

片面断熱の会社は1階部分のコンクリートの養生が終わり、
2階の型枠を組んでいるところ。
できた壁を見てみると、
下の方のコンクリートに隙間があるように見える。
これでいいのかと聞くと、「ここは床下になるので…」
という、よくわからない答え。
現場作業員の方は挨拶なし。

両面断熱の会社は1階部分のコンクリートの養生中。
使われる断熱材を見ることができた。
ただ、この会社はこの方法での建築は初めてらしい。
そういうこともあり、下の方が膨らんでいたりした。
コンクリートを流し入れた時に、
押さえが足りなくて膨らんでしまったらしい。
そういうミスも含め、
現場作業員の方は丁寧に説明してくれた。
ただ、家の中に灰皿があることが気になった。

しばらくこの2社を徹底比較することになる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:0 | トラックバック:0 |

C値とQ値

HMのカタログを見ていると必ず出てくる聞き慣れない単語。
C値とQ値。
他にK値というものもあるけれど。
C値とは相当隙間面積。
K値とは熱貫流率。
Q値とは熱損失係数。

もっと簡単に言うと。
C値とは…建物そのものの気密性能を表しているもの。
     数値が小さいほど良いということになる。
K値とは…窓の断熱性や壁、床、天井に入っている
     断熱材の性能を数値化したもの。
Q値とは…実際の建物で熱をどれだけ逃がさないかを表して
     いるもの。
     断熱性能が良いほど、数値が小さくなる。
     次世代省エネ基準もこの数値を元に設定されている。

これは国土交通省と経済産業省が定めた住宅性能の基準。
夫はこれらの数値をかなり気にしているみたいで、
どこのHMにも聞いていた。

一般的な鉄骨系HMでは、次世代省エネ基準IV地域を
標準でクリアできますというのが売りのようです。
数値にすればQ値で約2.6W/m2Kは達成しているとのこと。
北海道ではQ値は1.6以下にしないと次世代省エネ基準は達成できません。
いくら断熱材をいれても鉄が熱を逃がしているので、
鉄骨系HMで高断熱を謳うのは難しいです。
北海道では鉄骨の家が少ないのはこれが原因か?

ローコストのメーカーの中には、
断熱性能はいいとしか言わないところもあった。
数値はわからないとのこと。
実際に見せてもらったけど、
壁の断熱材、床下の断熱材やペアガラスのアルミサッシで、
どこまでの断熱性があるかは疑問。
プロならわかるのかもしれないけれど、私は素人だし。
数値の基準があるんだから、やはり数値で答えてもらわないと。

他に在来工法は隙間が多いということも聞いたりしました…。

少しのエネルギーで家の中を快適な温度に保つためには、
客観的に数値で表される断熱性能というのもは重要。
断熱だけが住み心地を変えるとは思わないけれど。
HM選びの一つの基準になった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
住宅性能 | コメント:0 | トラックバック:0 |

百聞は一見に如かず

東急ホームという会社の方針なのか、
営業の方の方針なのかはわからないけど、
資料請求をしてから約2ヶ月、間取りの話はなかった。
土地も決まっていなかったし、
急いでないということもあるとは思うけれど。
他のHMがすぐに間取りを提案したがるのに対して違うところ。

それまで何をしていたかというと、
展示場を見学したり、
実際に住んでる方のお宅に伺ってお話を聞いたり、
建築現場に行って現場監督の方に会ったり・・・。
資金計画や土地についてもいろいろ教えてもらったりした。

住んでいる方のお宅を見学して、
生の声を聞けるのはかなり嬉しいこと♪
大きな展示場ではわからないことだらけ。
うちの予算では展示場みたいに家が建つわけないし(笑)
それに住み心地、よかったことや
こうしたらよかったということも聞くことができる。

住んでいる方のお宅訪問は他のHMでもしていたが、
現場監督の方とお会いすることは初めて。
職人なので、年配で頑固で無口というイメージ。
でも、実際はイメージとは全く違い、若い♪
しかもたくさん話をしてくれた。
これにより仕事に対する考えや姿勢を知ることができた。
よく家づくりは、営業マンとの相性が大切といわれるが、
実際にたててもらうのは現場の方々。
どちらの相性もよくなくてはならない。

実際に自分の目で見るということはかなり大切なこと!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:2 | トラックバック:0 |

ローコストメーカー

住宅ローンの事前審査の結果を見て、
それまではあまり考えていなかった、
ローコストメーカーといわれるHMも見てみた。
最初から坪単価が表示してあるので、
家の規模や金額がわかりやすいのが特徴。

だからといって、家に対するこだわりが減るわけではない。
聞くことは今までと同じ。
建物は揺れますか?
どのくらいの大空間がとれますか?

見に行ったところは在来工法。
地震への対応はしてるけど、木造なので建物は揺れるし、
希望するだけの空間をとるのは難しいとのこと。

でも、我が家の予算でもそこそこ大きな家が建てられるようだ。
それは魅力だけど、無駄に大きな家が欲しいわけではない。
それに、我が家のこだわりはやはり高く付くらしい…。
安く希望の家を建てれたらいいけれど、それはどうも無理らしい。
ここから妥協の道を探ることになった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:0 | トラックバック:1 |

さらに増えた

構造について悩む中、
まだまだマイホームの夢が見たい時期・・・。
間取りの提案を受けながらいろいろ思いをめぐらせる。

すると夫がさらなる要望を出してきた。
「バーカウンターが欲しい!」
はあ〜、次はそうきたか・・・┐('〜`;)┌

たくさんのお酒が常備されている我が家。
シェーカーをもらったのをきっかけにそろえてみた。
あまり飲まないけれど。

夫にどんなバーカウンターが欲しいか聞いてみると、
小さくても水栓のある本格的なものが欲しいらしい。
冷蔵庫や冷凍庫も置きたいとのこと。
マジですか?
それだけでかなりの場所をとる・・・。
既製のカウンターでも結構なお値段が…(>_<。)
お酒をおしゃれに飾るだけでは物足りないのか?

ローコストメーカーなら可能かもしれないけど、
屋上に天体望遠鏡をを設置するような特殊な構造では、
そんなに大きな家は絶対に無理!

夫が次の夢を見ないうちに、
早く決めたいと思った瞬間でした。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
要望 | コメント:2 | トラックバック:0 |

戦略

すべてのHMではないけれど、
動き出してから約2ヶ月もすると、
間取りが煮詰まってくるHMが多い。
金額も手が届きそうな範囲に抑えてくる。

そうなると各HMに契約を急かされる。
はっきり契約して欲しいとは言わないけれど。
今月中ならキャンペーンで割引があるとか、
何かが付いてくるとか、
何ポイント分商品が選べるとかで釣ってくる。

心の中で思う。
”魚じゃないんだから・・・( ̄‥ ̄)=3 フン ”

大抵のHMは常にキャンペーンをしている。
内容は変わるから、
常に自分の欲しいものがあるとは限らないけれど・・・。
そんなのに引っかかるか!!

それにうちの場合はまだまだRC造が気になるところ。
甘い言葉に惑わされることもなく、
「まだRC造を知りたいので判断できない」と伝える。
それで契約を急かされたほとんどのHMを保留に。

前からRC造がかなり気になっていることを伝えているのに、
違う構造のHMが契約を急かす神経がわからない。
自分の成績のために契約を取りたいだけなのか?
他のHMを見られたらまずいことでもあるのか?
そうでなければ自分のところの特徴や強みを
説明するとかしたらいいのに・・・。
数回の打ち合わせで説明できるほど、売りは少ないのか?
それで、かなり不信感が募った。

そのあたりもHM選びのポイントに。
施主とHMのペースが同じであることも大事!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:2 | トラックバック:0 |

果たしていくら???

HMとの打ち合わせで必ず出てくるのが予算。
どう考えても、自己資金のみで家を建てることは不可能なので、
必然的にローンを考えなければならない。
HMを回っていると、
我が家の年収で借りれるおおよその額を出してくれる。
それを聞くとかなり微妙で、
家づくり計画はかなり厳しいものに思われた。

でも、本当はいくら借りることができるのか?
働いているのは夫のみ。
勤続年数はクリアできるが、年収は微妙・・・・。

そんなことを思っていたら、
とあるHMがローンの事前審査をしてくれるという。
予定の土地とだいたいの間取りでいいらしいので、
お願いしてみた。

結果は・・・。
聞いていた額よりも400万円多かった!
これで、少しだけ家づくりが現実になり、
家のボリュームを決める判断にもなった。

でも、実際はいくら借りれるかではなく、
きちんと返せるかというところ。
多額のローンは避けたいところ・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
ローン | コメント:0 | トラックバック:1 |

縁?

RC造のHMとの話を進めていくと同時に、
他の構造のHMも断ることなく進めていた。
希望を叶えるにはRC造が一番よいのはわかっていたが、
不安要素もたくさんあったので・・・。

その中で東急ホームの営業の方が、
ドームを設置する方法を建築家に聞いてみたらどうか、
という提案をしてくれた。
建築家のお話は聞いたことがなかったので、
ありがたくその提案を受けることに・・・。

後日、建築家の事務所に連れて行っていただいた。
RC造に興味津々の夫は、
RC造でのドームの設置方法や揺れについての質問が中心。
でも、東急ホームは木造系の構造なんだよね・・・(^_^;)

帰りの車の中で、営業の方に切れられてしまった・・・。
「もうRCで決めたらどうですか!」って。
仕方がないけどね。
夫はRC造のことばっかりで、
木造の話はほとんどしてなかったし。
私は東急ホームを気に入っていただけに残念だったけれど。
まあ、これも運命か・・・。

と思っていたら、次の日の朝、営業の方から謝罪の電話が・・・。
いや〜、謝らなければならないのはこちらでは???
失礼をしたのはうちだと思うんだけど。
夕方、上司の方と家まで来ていただき、
かえって申し訳なかった・・・。

一度切れたと思った縁がつながった♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:0 | トラックバック:0 |

モグラ?!

ドームとビリヤード台の設置のため、
RC造についていろいろ調べる。

RC造は基礎一体型が特徴。
基礎も壁もコンクリートなので、
つなぎ目なく大きな箱をつくる構造。
大きな箱の下の部分の土に埋まっている部分が基礎。
ということで、地下室も作りやすいらしい。

それを聞いた夫は・・・

「地下室にビリヤード台を置きたい!!」

はあ〜、今度はそうきましたか・・・(;¬_¬)
何となく言いそうな気はしていたけれど、やっぱりって感じ。
いくらでもお金をかけることができるんであれば、
好きなようにしてくれてもかまわないけどね。
予算というものがあるんだよ〜!!
しかもその予算は少ないんだよ〜!!!

夢を見るのはタダだけどね( ̄‥ ̄)=3 フン

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
要望 | コメント:4 | トラックバック:0 |

お勉強

家を建てるには、いろいろ勉強しなくては・・・。
ということで、2つのHMが行っているバス見学会に参加した。

1社は工場見学。
ほとんどを工場で作って、
現場で組み立てる方式を採用しているHM。
鉄骨を接合するところから始まり、
工場でする内装まで全て見ることができた。

面白かったのは、
接合されて箱になったフレームをある程度の高さから落として、
壊れたり、歪んだりしないかの実験。
クレーンでつり上げて、土地の上に落とす・・・。
すごい音がしたが、ヒビはなく、歪みもなかった。

工場生産だから高い品質を保てるらしい。
現場で施工すると、どうしても差がでてしまうから・・・。
ただ、工場生産だからできないことも多いらしい。
人の手を加えることによって工期は長くなるし、価格もアップ。

もう一社はお客様のお宅訪問。
建築中のお宅、築約20年のお宅と
新築のお宅を見せてもらうことができた。

建築現場では現場監督の話を聞いたり、
現場を確認して、質問をする。
実際に住んでおられる方のお宅では、
住み心地やアフターメンテナンスなどを聞くことができる。

こういう経験ってやっぱり必要。
見る目が養われると思うから。
HMが他との差別化を図るために、
力を入れているところは違うし。
今まで自分が気付かなかったことを発見する、
いい機会になった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:2 | トラックバック:0 |

相性

たくさんの営業の方と接するようになって約2ヶ月。
少しずつだけど会社の方針や特徴、スタイルなどが見えてきた。

・土地についても詳しい。
・聞き難いことを察して積極的に教えてくれる。
・お休みにもかかわらず、打ち合わせをしてくれる。
・すぐに対応してくれる。
・他と比較して自分の所のいいところを説明してくれる。
これは我が家にとって嬉しいこと。

でも・・・。

・土地の紹介をお願いしたのに、
 希望の土地は見つからないといって、
 断った土地を再び紹介してくる。
・質問したことにまったく答えられない。
・したいといったことに対して即答で無理だという。
・間取りを提案したがる。
・打合せと打合せの間がやけに長い。
・最初からお金の話ばかりをしたがる。
・他の悪口をいう。
・自分の休みを優先する。
・約束を2回もすっぽかした方もいた・・・。
こんな対応は嬉しくない!

会社のスタイルも営業の方もHM選びでは重要なポイント!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:2 | トラックバック:0 |

実地見分

RC造の家を見学しにいった。

我が家がRCにするための条件はただ一つ。
揺れないこと。
天体望遠鏡を設置できなければRCにする必要がない。

見学先はモデルハウスではなく引き渡し前のお客さんの家なので、
営業の方の許可をもらって屋上で飛び跳ねてみる。

確かに、揺れない!
他の構造の家はかなり揺れていた。
2階や1階でも飛び跳ねたり、ドアを強く閉めたりしてみたが、
全然わからなかった。
HMによっては補強を入れるから大丈夫というところもあったが、
もともと揺れる構造に補強を入れても、
多分RCにはかなわないだろう・・・。

それに、かなり広い空間もとれる。

引き渡し前ということで居住性はわからなかったが、
結露はしていない模様。
ただ、やっぱり寒かった。

多少の問題点はあるものの、
これを経て、完全にRC造で進めていくことになった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:0 | トラックバック:0 |

新たな思惑

RC造のカタログを見ていたときのこと。
断熱や居住性についてももちろん記載があるのだが、
売りは大スパンがとれること!
それをみた夫は、急に思いついたらしい。

家にビリヤード台をおきたい!

はあ〜?
今度はビリヤード台ですか〜???
たしかに学生時代にそこそこやっていたけど(歳がバレる〜)、
大会にでている人から褒められたこともあるらしいが、
本格的にしていたわけではないし、完全に趣味の範囲。

しかも、フルサイズのビリヤード台がおきたいらしい(;¬_¬)
ドームだけでは物足りないのか?
まあ、大空間は後から区切ることはできるが・・・。
これでますますRC造以外の構造は無理!

あ〜、また一つ要望が増えた。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
要望 | コメント:3 | トラックバック:0 |

さらに範囲を広げて・・・

仮押さえとはいえ土地も決まったので、今度は家に集中。
天体観測をするための土地なので、
ドームをのせることができる住宅を探すことに・・・。

夫がいろいろ調べた結果、
ドームを屋上にのせるのには現場打ちのRC造が一番いいらしい。

その結果からRC造のHMにカタログ請求をしてみた。
RC造の住宅はかなり高級のイメージがあったが、
今はコストダウンの方法を用いているところもあり、
他の構造とほとんど価格差なく建てることも可能らしい。

これにはかなり興味を持った!
そんなに高くなくて、
夫の希望を叶えることができるのであれば、
まさにうちにピッタリ♪

あとは居住性次第。
RC造は抜群の気密性だけど、結露が問題視される。
私が一人暮らしをしていたときも結露がひどかったし・・・。
あとは夏暑く、冬寒い・・・。

居住性について、他の構造とも比較して検討していくことにした。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:0 | トラックバック:0 |

仮申込み

価格以外が気に入った土地を見つけた後も、
しばらく土地探しをしていたが、
それ以上、条件が合う土地は見つからなかった。

土地は義両親もこだわっているようだったので、
とりあえずその時点での候補地を義両親に見てもらうことに。
候補地は4カ所くらい。
環境や価格を説明しながら最後にお気に入りの土地。
反応はかなりよかった♪
町並みは良いし、土地の大きさもそこそこ、
交通の便や学校などの環境も結構整っているとのこと。
でも、やっぱり価格が問題に・・・。

価格という問題点はあるものの、
義両親も気に入ってくれたので、
市役所に話をしに行くことにした。

話を聞くと、
この土地は近々価格改定をする可能性があるとのこと。
まだ、改定をするかははっきり決まっていないけれど、
年内中には方針が決まるとの説明を受けた。
安くなるのか?!
10年も売れなかった土地だし、価格が上がることはない!

その話を聞き、その場で仮申込み。
あとは大きく価格が下がるのを期待して待つのみ♪




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
土地 | コメント:0 | トラックバック:0 |

運命の出会い?

以前夫がかなりの数の資料請求をした中にそのHMはあった。
それは輸入住宅。
目指すシンプルモダンからは、
正反対のところに位置づけされると思われる。

あとから聞いた話だが、営業の方と出逢うまでに、
夫は電話で次のようなやりとりをしていたらしい。

HM「カタログ請求ありがとうございます」
  「どのような住宅をお好みですか?」
夫 「屋上にドームのある、
   シンプルモダンを建てたいと思っています」
HM「うちは輸入住宅なので、シンプルモダンはありませんが」
夫 「・・・、嫁(私)が好きなデザインなので・・・(汗)」
HM「・・・・、では一度お話しでも・・・。」

という流れだったらしい。
これを受けて、我が家の家づくりは大きな転換期を迎えることに。
実は名前も知らなかったHM・・・。
そのHMとは東急ホーム。

夫のワンクリックで、
シンプルモダン以外にも手を出すことになった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:2 | トラックバック:0 |

ドーム見学

木造系のHMのドームを設置しているお宅を見せてもらうことになった。

公共の物は見たことあるけれど、個人の物は私は初めて。
ドームの真ん中に望遠鏡が設置してあるので、
中はあまり広くないけれど、とても立派だった!

夫に感想を聞いたところ、
見せてもらったドームはFRPで軽いから木造でも大丈夫らしい。
それならうちも可能だと思っていたら、
なんと夫が設置したいドームは、
アルミ製の1トンくらいある物らしい・・・。
それはどう考えても木造では無理では・・・?
補強しても躯体が耐えられるか・・・?

夫の夢である屋上に天体ドームを叶えるために、
構造についての勉強が始まった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
ドーム | コメント:5 | トラックバック:0 |

運命の出会い。

義両親からの承諾を得て家に帰ってくる途中、
夫が目を付けていた住宅地を見に行くことに・・・。
自分の希望する土地を紹介してもらいにくいと思った夫は、
地図と航空写真で条件の合いそうな住宅地を探していたらしい。

目指していたところに着いたのは夜中過ぎ。
空も結構暗いほう。
路駐の車もなし。
綺麗に整っており、新しい印象を受けた。

後に明るい時間にも見に行ったけれど、やっぱり綺麗な住宅地。
あまり電車は通っていないけれど、駅には歩いていけるし、
駅のすぐそばには小学校もあるし。
他にも大きな公園や図書館などの公共施設も近い。
公共上下水道も完備(?)。

条件はすべてクリア!!
ただ一つを除いては・・・。
それは値段!
周りに比べると少々お高め・・・。

そのカラクリは売り主にあった。
実は市が造成した分譲地だった。
10年くらい前に税金で造成しているので、
なかなか価格を落とせないらしい・・・。

せっかくいいところが見つかったのに〜!!
とりあえず、第一候補にして他の土地も探すことになった・・・。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
土地 | コメント:0 | トラックバック:0 |

義両親の説得。

家を建てるに当たっての難関。
それは夫の両親の承諾。
夫の実家は兼業農家。
いずれは農業を手伝わなければならないらしい。
ということで、義両親からは社宅の後は中古住宅を勧められていた。
そんなこともあり、
簡単に新築一戸建て計画を承諾して貰えるとは思っていなかった。

そのためにいろいろ策を練る。
会社に通える範囲でなるべく夫の実家に近づき、
義両親が気にしそうな環境が整っている土地を探すことに。

そうは思いつつもなかなかよさそうな土地が見つからないので、
とりあえず、上記の条件で家を建てるつもりであることを話すことに。

中古住宅については、
今住んでいるところでは田舎過ぎて売るときに売れないことや、
修繕費や改装費を含めるとあまりお得ではないことを説明することに。

結果は・・・
反対されなかった!!
夫の実家にはまだ姉と弟がおり、
数年後に社宅を出たあとに一緒に住むのは無理。
会社からもかなり遠くなるし。
それにあまり同居には積極的ではなかったようだ。
さらには今より近くなるというのも決め手だったみたい。

これで、新築一戸建てが現実的になった♪



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
| コメント:2 | トラックバック:0 |

家のデザイン

本格始動したので、夫と家の外観を話し合ってみた。
珍しく意見が一致して、どちらも目指すはシンプルモダン系。
私は輸入住宅のデザインも好きだけど、それは見るだけで、
住むのは流行の白と黒の住宅だと思っていたから・・・。

外観のイメージが一致したところで、
シンプルモダンの企画があるHMを探す。
ただ、シンプルモダンは流行だから、
大手HMはどこでもやっているんだよね〜。
特徴とか構造とかを全くわかっていない状態だったので、
絞ることもできず、片っ端から検討していくことに・・・。

少し前に夫がカタログ請求をしていたことで、
たくさんのカタログが家にあったし・・・、
「一度お話しでも」とか「間取りの提案をさせていただきたい」
とかいう電話もたくさんかかってきていたから、
連絡のあったところをすべて進めていくことにした。

でも、この判断のせいで後に大変な思いをする羽目に・・・。
展示場に行ってから(最初に動き出してから)、
1ヶ月後には毎日違うHMでの打ち合わせというとんでもない状態!
夫が会社から帰ってきては打ち合わせをし、当然休みの日も。
HMの方が来られない日がないくらい。
そんな状態が約1ヶ月続きました・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:0 | トラックバック:0 |

本格始動。

モデルハウスを見学して、
夫が新築一戸建てに興味を持ちはじめた(よっしゃ!!)。
私としては嬉しいことだったが、
性格的に急かされるのがイヤなので、
ゆっくり進めていくつもりだった。

それなのに、気が乗ったら意外と行動が早い夫。
HPで資料請求をしたらしい。
しかも、そこに載っていたHMすべてに・・・。
翌々日くらいからポストに入りきらないほどの資料が届き、
のんびり進めていくつもりだった家づくりが本格的に始動した。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:2 | トラックバック:0 |

土地探し。

我が家の土地探しの条件。

夫の会社まで車で1時間以内、駅が近い、小学校が近い、
同年代の方が多く、比較的新しい団地など。

そしてなにより、空が暗いところ!!
これが一番の難点。
各HMの方がいろいろな土地を紹介してくれるのだが、
ことごとくダメ。
もともと田舎なので空はそんなに明るくない。
でも、天体観測をしたことがない方が暗いと思うのと、
夫が求めている空の暗さにはかなりの違いがあった。

そりゃそうだよな〜。
土地を探す人の中に空の暗さを条件にする人が、
そんなに多いとは思えない。
どちらかというと明るい土地の方がいいに決まってる。
それなのに、暗いところを探してくれって言われても困るはずだ。

ということで、自分たちでも探すべく、
なるべく夜に時間を見つけて、土地を見に行く生活が始まる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
土地 | コメント:2 | トラックバック:0 |

翌日

住宅展示場で結構懲りたはずなんだけど、
反省もせず、翌日は近くの新規分譲地にあるモデルハウス群へ。

前日とは違うHMを見て回る。
ここでも4棟以上回ると景品が貰えるということなので、
やっぱり4棟以上見ることに・・・(笑)。
前日見たのは偶然にもすべて鉄骨系のHMだったので、
違う構造も見ることにして、木造系にも範囲を広げる。

最初に聞くことは、
「どのくらい揺れますか?」

大抵のHMは耐震のことを聞かれていると思い、
「阪神大震災の○倍の地震でも倒壊しません」と答えてくれる。
でも、夫が聞きたいことは生活振動や風での揺れ。
屋上に天体望遠鏡を設置するためにはかすかな揺れでもダメらしい。
たしかに、地上で1ミリの揺れでも、
宇宙では何万キロ(もっとか?)のズレになる。
それに、耐震については、
各HMが大地震を想定した対策をしていると思っていたから、
あえて聞こうとも思わなかったらしい(笑)。

そこで出逢った木造系のHM。
なんと、天体ドーム設置の家を手がけたことがあるらしい。
設置方法などの話を聞いて、
後日、ドームを乗せているお宅を見せてもらうことに(収穫)!

それにしても、そこはとてもきれいな大型住宅街。
この分譲地を基準にして、今度は土地探しが動き出すことになった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:2 | トラックバック:0 |

住宅展示場

初めての住宅展示場。

十数棟あるモデルハウスの中からどこを見るかを悩む。
とりあえず4棟を見学すれば何か貰えるらしい!
プレゼントにつられて、4棟は見ることにした(笑)。

聞いたことのあるハウスメーカー(HM)ばっかりなので、
名前で決めることができず、外観でどこを見るか決めてみた。

夫は陸屋根に興味津々。
というのも、夫は家の屋上にドームをつくることを考えていたから。
今はほとんどしていないけれど、天体写真を撮ることが趣味の夫。
社宅を出てからの話をしているうちに、
屋上に天体ドームという小さい頃の夢を思い出したようだ。

そんなわけで夫が興味の持った陸屋根のモデルハウスへ。
見学しながら構造についての説明を受ける。
さらに、初めて展示場に来たことを伝えると、
住宅購入の流れや資金(ローン)について、
3時間くらいかけて説明してくれた・・・。

が、これにはかなり疲れた・・・。
初めてだから丁寧に説明してくれたとは思うけど、長い〜!!
展示場ってこんなに疲れる所だとは思っていなかったよ(>_<。)
疲労困憊。
1棟目でこのペースではとてもじゃないけれど、4棟なんて無理〜!

と思いつつ、せっかくだからということで他のHMも見ることに。
今度はあまり時間がないことを先に伝えて、
短時間で構造の説明をしてもらい、パンフレットをゲット。

目標の4棟を見学して、ちゃんとプレゼントもゲット♪
ただ、それが何であったかはすでに記憶の彼方だけど。

それにしても、家づくりに対する考えが甘かった・・・。
ただ、見学するだけのつもりだったけれど、
どこのHMでも建てる場所、時期、自己資金等を聞かれる。
当たり前のことなんだけど、全く考えていなかったんだよね〜。
HMにとってはかなり重要なこと。
せめてそのくらいは決めておく必要があることを学んだ1日でした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:2 | トラックバック:1 |

それは半年前。

ティアレ☆が家づくりに乗り出したのは平成18年9月。
暇をもてあましていた休日に、
たまたま住宅展示場に行ったのが始まり。

現在、我が家は期限付きの社宅生活。
期限は結構先だけど、いずれは出なければならない。
それまで夫とは時期がきたらどうするかという話をしていたが、
これといった結論が出ず、
賃貸マンション、分譲マンション、中古一戸建、新築一戸建から
全く絞れていなかった。
それに、夫は借金(ローン)を本気で嫌がっていて、
手の届く範囲での住宅を希望していた。

実は新築一戸建ては私の夢。
小さい頃から家を見るのが大好きで、
いずれは自分の思い通りの家を造りたいと思っていた。

そんな家に対する思いの相違はあったが、
特に焦る必要もないので少しずつ考えていこうとしていた矢先。
暇な休日に夫の方から住宅展示場へ行きたいとの提案が・・・。
夫は特になにも考えず、ただ家を見てみたかったみたい。

すべてはそこから始まった・・・!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
経緯 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。