家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

<49日目>ピンクの部屋♪

内装工事もどんどん進んでいきます。
いつものように1階を見た後、
はしごを登って2階を見ると…。

!!!!!!

↓部屋がピンクになっていました!
2階石膏ボード

原因はピンクの石膏ボードでした。
石膏ボードの厚みは12.5mmです。
こちらはリビングから見たダイニングですが、
ピンクのボードがとても可愛らしく見えますね(笑)
床に見えている黒いものは遮音シートです。
2階の床はこれから貼られます。
1階は石膏ボードより先に床が貼られているのですが…。
順番はあまり関係ないのかな???

↓バルコニーの内側も防水シートで覆われました。
バルコニー防水処理

胴縁もあります。
こちらは外壁と同じように、ブリックが貼られます。
室内から少しだけ外壁を楽しむことができるスペースです♪

↓外壁の様子も変わりました。
外壁サイディング

グレーのサイディングが貼られています。
サイディングの表面にある凹凸に、
ブリックを引っかけていきます。

それにしても、グレーのサイディングになって、
少し暗い印象を受けてしまいました。
今までが明るい色だったからということもあると思いますけど…。
でも、我が家はグレーのブリックなので、
多分こちらの方が完成のイメージに近いはずです…。
目地が入るとまた違う印象になるのでしょうけど、
それはまだまだ先のことのようです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサーサイト
内装工事 | コメント:4 | トラックバック:0 |

<47日目>胴縁設置

この日は日曜日だったので、現場はお休みです。
ということで、上から下まで全て見て回りました。

↓防水シートの上に細長い板が貼られました。
胴縁1

この板は胴縁と呼ばれ、通気層をとるのためのものです。
408mmピッチで設置されています。
よく見ると、縦の板と横の板の間には隙間が設けてあるのですが、
これは全ての空気がきちんと流れるようにしているためです。
板の間が塞がれてしまうと、
その場所は空気が流れなくなってしまいますから…。
ちなみに隙間は3cmだそうです。
我が家の場合はこの上にレンガ(ブリック)を貼るための
サイディングが貼られます。

あれ?窓の廻りだけ、2本使いになっていますね。
なんでだろう???

↓屋根の部分にも胴縁があります。
胴縁2

通気層を通った空気はここから屋根の中に入り、
棟換気孔から抜けていくことになります。

この写真には他の重要なものが写っています。
それは軒の中にある、変な形の金属です。
これはハリケーンタイと呼ばれる金具で、
屋根と壁を結合し、固定しています。
この金具によって、台風などの強い風を受けたときに、
屋根を持ち上げられないようにしているそうです。
もちろん、防錆処理もされています。

↓屋根工事も終わりました。
屋根

一番上の足場から写真を撮っています。
山羊と一緒なので、高いところは好きなのです(笑)

↓勝手口の庇です。
勝手口

ここはまだ防水シートのままでした。

内部も少しだけ変化がありました。
↓1階天井に断熱材が入りました。
ロックウール

吸音性のあるロックウールです。
吊り天井にロックウールを使うので、
さらに2階の音は響きにくくなります。

↓ミルクリークオークではない床材がありました。
TAF

この床材は子供部屋に使われます。
東急ホームの標準仕様では、
個室はカーペットなのですが、変更してもらいました。
理由は、掃除の面。
カーペットはどうしてもハウスダストを集めてしまいますので…。
その部屋の主がきちんと掃除をすればいいのですが、
どうなるかわかりませんし。
そして、機能面。
フローリングの上にカーペットを敷くことは簡単にできますが、
標準のカーペットにしておくと、
フローリングにしたいときには工事が必要になってしまうので…。
それらの理由でフローリングにしましたが、
単純に、私がカーペットよりフローリングの方が
好きということもありますけど…。
残念ながら無垢ではないんですけどね~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
外壁工事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

<45日目part2>床

この日はお風呂の他にも、
大きな動きがありました。

↓床が貼られています。
床

これがミルクリークオークです。
もちろん無垢です。
1枚ずつ丁寧に手作業で貼られていきます。
大変なんだなあ~って思いながら見ていると、
ペーパーバリアが入っていることに気が付きました。

以前、dyneさんのブログを拝見して、
ペーパーバリアを使うかどうかが気になっていたので、
2日前の外壁下地検査の時に、
現場管理の方に確認していたのです。
そのときの答えは、ペーパーバリアは使わないとのこと。
東急ホームの構造用合板は、
接合面が凹凸になっているため、隙間ができにくく、
使用している床下断熱材は、
他の断熱材と比べて吸水量や透湿性は少ないので、
十分に床下の湿気を防ぐことができるからだそうです。
それに現場管理の方によると、
ペーパーバリアを入れることによって、
床鳴りがしやすくなるなどの不都合もあるそうです。
これらの説明を受けて、
ペーパーバリアが入らないこと納得したので、
使わない方向で話がまとまっていたのです。
さらには、前日のコーディネーターの方との打合せの時にも、
ペーパーバリアが入らないことを確認したのですが…。

見事に使われています!

う~ん、どうしよう…。
でも、まあ、いいか~♪
最初はペーパーバリアを入れて欲しいという希望だったし。
地面からの湿気は、
断熱材と構造用合板で防ぐことができるかもしれないけれど、
合板そのものからの湿気というのもあると思うし…。

そんなことを考えながら、
ペーパーバリアの件は一人で納得していたのですが、
他にも何かが引っかかります。
むむむ…、何だろう…???
しばらく考えて、ひらめきました。
それは床板の向き!
わかった瞬間、かなりの違和感を覚えました。
この写真の場所はホビールームですが、
玄関と一続きになっているので、
当然、玄関の上がり口の板が横に貼られているのです。
私は上がり口は縦に貼られるのだと思い込んでいました。
というのも、今まで住んだことのある家は、
全て玄関の上がり口は廊下になっており、
縦に貼られていたので…。
その方が廊下が長く見えて奥行きが出るんでしょうけれど…。

そういえば今まで、
床板の方向は打合せをしたことがないなあ~。
まあ、我が家はここは廊下ではないし、
違和感はあるけれど、これでいいのかな~。
この日は私一人で現場に行っていたので、
帰ってから夫の意見も聞いてみることにしました。

他にも小さな変化がありました。
↓新しい柱が入っています。
柱取り替え

少し前に記事にした、ヒビ入り柱が交換されていました。
詳細は忘れてしまいましたが、
この柱は外部にも使われる木で、湿気などにも強いそうです。
でも、防蟻処理ってどうなるんだろう???
気にしなくていいのかな~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
内装工事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

<45日目>浴室完成!

いつものように家中を見て回っていると、
1階の一番奥に見慣れないものがありました。

↓今までなかった扉が付いています。
お風呂扉

ここはお風呂の場所。
扉があるということはもしかして…!!

↓わ~、やっぱり!
お風呂2

お風呂が設置されていました。
INAXの「ルキナ」です。
浴槽の形は背中側に段が付いており、
半身浴ができるタイプです。
実は浴槽の形はこれではなく、
浴槽の側面に段が付いているものにしたかったのですが、
1616ではないと言われ、諦めました。
他のメーカーでは希望の形があるのですが…。

窓も入っていました。
他の窓はずいぶん前に入ったのに、
この窓だけ入っていなかったのです。
お風呂が入らないとつけられなかったんですね、きっと。

↓悩んだ一面の色です。
お風呂

グラデブルーという色です。
写真ではわかりにくいのですが、
浴槽側がブルーが強く、
洗い場側にむかってグリーンが強い、
グラデーションになっています。
少しだけグレードアップになったので、
水栓もカウンター埋込のものになりました。

お風呂はメーカーの掃除が済んでいるようで、
そのような張り紙がされていました。
でも、これから全館空調の工事があるはず…。
きれいな状態のままとはいかないのだろうな…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
内装工事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

クロス&造作打合せ

午前中に現場を見た後、
そのままショールームに向かって打合せ開始です。

まずは前回決められなかった部屋のクロス決めから…。
書斎は夫の好きにしていいということにしたので、
私はトイレを決めます。
トイレは2つありますが、1階はアンティークで、
2階はエレガントとコンセプトを変えました。
床とクロスは違いますが、
どちらのトイレも2種類のクロスを上下で貼り分け、
継ぎ目にはトリムと呼ばれる、
細い飾りの木を付けてもらうことにしました♪
当初腰パネルを考えていたのですが、
腰パネルには厚みがあるため、
少し狭くなるとのコーディネーターの方のアドバイスにより、
この方法を採用することになりました。
文章では説明が難しいので、
できあがったら写真をupしたいと思います。

子供部屋のクロスは、
家で決めていたのでそれを伝えて終わりです。
夫の書斎は、RCのクロスにしたようですが、
私の管轄ではないので…。
ただ、輸入住宅の中の異空間になることは、
ほぼ間違いないでしょう…( ̄~ ̄;)

クロスが決め終わったので、次は造作の打合せです。
すでにお願いしている造作工事も合わせて確認していきます。
お願いしたのは、
リビングのTVボード、ホビールームの化粧柱と廻縁と棚、
ダイニングのパソコン用カウンターと棚、
キッチンの棚、バーカウンターの棚、主寝室の飾り棚、
書斎の棚、煙突の可動棚、パントリーの可動棚、
洗面所の飾り棚、階段のニッチとスリット開口、
エントリークローゼット内に下駄箱設置のための置台。
このくらいだと思います。
何か忘れているような気もしますが…。

造作工事がないのは子供部屋くらいで、
「大工さん泣かせです」と言われたほど(笑)
少しやりすぎたかしら???
大工さん、よろしくお願いしま~すm(_ _)m

これでショールームでの打ち合わせは一旦終了しました。
今後は必要に応じて打ち合わせをしていくことになるそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
仕様 | コメント:3 | トラックバック:0 |

<44日目>断熱材

昨日の効果なのか、
この日はちゃんと挨拶が返ってきました(笑)
そのおかげで気持ちよく現場を見ることができました。

↓断熱材が隙間なく入れられました。
2階断熱材

仕様は高性能グラスウール100mmです。
間隔が狭いところにも、
そのサイズにカットして入れられているので、
隙間なく詰まっています。
ちなみにここはリビングです。
天井は勾配天井なので、屋根断熱になります。
勾配天井に付けられている黒い箱はコンセントになります。
ここにホームシアターのプロジェクターを設置する予定なのです♪
リビングの左は子供部屋の予定です。
ここはもう断熱材の上にペーパーバリアが貼られていました。
左上に見えているのはロフトの入り口です。
まだ登ったことはないのですが、早く登ってみたいなあ~。

↓天井にも断熱材が入っています。
パティオドア

天井断熱の仕様は高性能グラスウール170mmです。
ここはダイニングです。
天井に開いている穴は全館空調の給気口です。
丁寧だなあ~って思ったのはパティオドアの下にも
断熱材が入れられているところ。
こんな狭いところにも、
サイズにカットされた断熱材がきちんと入っています。

さらにこの日は午後からショールームで打ち合わせがありました。
その内容は次回!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
躯体工事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

不満爆発!!

43日目には続きがあります。
この日は、東急ホームはお休みなのですが、
休日にもかかわらず、
検査のために現場管理の方が来てくださっていました。

現場管理の方が現場に到着するなり、
大工さんと何か話しています。
その後、現場管理の方から現場の状況について聞かれました。
「毎日掃除をしていると大工さんが言っているんですけど、
 どうですか?」
う~ん、正直毎日掃除をされているとは思えません。
同じゴミが毎日同じところにあったりするので…。
そう答えると「やっぱり」とのこと。
現場管理の方は現場の整理整頓が気になられたようです。

一般的にきれいな現場は施工が丁寧でいい物が作れて、
汚い現場ではいい物は作れないと言われてますけど…。
私は、そんなに気にしていなかったのですが、
会社から見ると、他人の目もあるので、
きれいにしておいてほしいのでしょう。

他にも思っていることがあれば教えて欲しいと言われたので、
少し悩みましたが、吐き出すことにしました。

一つ、挨拶がありません。
挨拶をしても返ってくる確率は半分くらいです。
こちらから挨拶をしない限り、
目が合っても挨拶をされたことはありません。

もう一つ、夫と一緒の時は平気なのですが、
私一人の時は何しに来たの?という感じで見られます。
私にとってはこちらの方が大問題でした。
その視線と雰囲気がすごくイヤで、
現場は見たいけど、行きたくないという葛藤がかなりありました。
大抵、夫と一緒に行っていたのですが、
ちょうどこの頃は、夫の仕事の都合で、
一人で現場に行くことが多かったのです。
職人気質もわかるのですが、もう少し愛想よくして欲しい!

ここからは、現場管理の方にはお話ししていないことですが、
他の方のブログ等で、
大工さんと仲良くされている方の記事を拝見しますが、
とても羨ましいです。
私は、現場でワイワイ言いながら
家づくりをしたいと思っていたので、
そのために契約前にお会いした現場監督の方に
現場作業をお願いしたのですが…。
現場で作業されている姿は一度も見たことがありません。
その話は後日記事にします。

これらのことを現場管理の方に話したことにより、
私はかなりスッキリしました♪
実は、ここ数日間、眠ることができないほど、
ストレスを溜め込んでいたのです。
私が神経質で、心が狭いだけなのかもしれませんけど…。
休日出勤だった現場管理の方に、
このような話をして申し訳なかったような気もしますが…。
私から話すつもりはなかったので、
聞いてくださって感謝してます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
不信感 | コメント:4 | トラックバック:0 |

<43日目>外壁下地検査

先日、検査はしばらくお休みと記載しましたが、
外壁下地検査があったのを忘れていました。

↓JIOの方が検査されています。
JIO検査

一面に白い透湿防水シートが貼られています。
ミルクリークのマークが入っていますね。
所々見える点線は透湿防水シートの上下の重ねしろの部分です。
10cmになっているようです。

検査員の方が特に注意されていたのは、
窓の周りやパイプ等を家の中から外に出すために、
外壁に穴が開けられている部分です。
足場を上まで登って一つ一つ検査されていました。

問題なく検査終了かと思いきや、問題がありました(汗)
まだ玄関ドアが付いていないのですが、
玄関ドアの枠の施工が検査項目に入っているそうです。
この時点で玄関ドアはまだ船の上とのこと。
玄関ドアが入るのは1ヶ月半後の予定だそうです。
仕方がないので、玄関ドアが付いた後に、
もう一度検査をするということになりました。

内部の工事も進んでいます。
↓断熱材が入り始めました。
断熱材

隙間に丁寧にはめ込まれています。
綿みたいにフワフワしていました。

↓屋根の工事も本格的に始まりました。
屋根運搬

この機械で屋根材を屋根の上に上げています。
便利な世の中ですね♪

↓全体図です。
全体

下からの写真なのでわかりにくいですが、
すでに屋根が貼られています。
屋根の下の方に見える突起物は雪止めです。

それにしても、屋根材を運ぶハシゴが曲がっているんですが…。
問題はなさそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
躯体工事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

<42日目>待ちに待っていたもの

この日はコーディネーターの方と現場監督の方が、
現場で大工さんたちと打ち合わせをされていました。

邪魔をしないように、家の中を見ていると、
見慣れないものを発見!
↓ニッチです!!
ニッチ

実物を見たのは初めてです。
どうしても玄関に飾りが欲しかったので、
ニッチを入れてしまいました♪
これは表に見える面が下になっているので、
上の丸くなっている部分が壁の中に入ります。
箱から出して全部見てみたいと思いましたが、
落としそうだったので今回は断念。

↓パティオドアも入っていました。
パティオドア

これで、今後は潜入が難しくなりました(>_<。)
それは置いておいて…(笑)
実はこのドア、左側がFIXで右側しか開きません。
アンダーセン社のパティオドアは、
必ず片側がFIXになるらしいのですが、
リビングからの動線を考えると、
右側をFIXにして左側が開くようにすればよかったな~。

↓これは一体???
FIX

アンダーセン社のFIXの窓のようですが…。
我が家では使う予定はないはず。
う~ん、謎です。

↓外の屋根材は梱包を解かれていました。
コロニアルネオ

この日から外壁と屋根の工事も始まったようです。
この屋根材、ホームベースみたいな形をしているんですね。
触ってみると硬くザラザラしていました。
屋根工事は数日で終わるそうなので、
その間は雨が降らないといいなあ~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
躯体工事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

<40日目>潜入!

この日は日曜日で作業はお休みです。
玄関や勝手口はしっかり板がはまっていて、
入れなくなっていました(>_<。)
うむむ…。
入れないとわかると余計に中に入りたくなるものです!
諦めきれずに探し回り、入れる箇所を見つけましたv(⌒o⌒)v

↓バルコニーに防水処理が施されていました。
防水

まだ窓が入っていないので、
雨が入らないようにビニールシートで覆われています。
実はここから潜入したのですが…(^_^;)
右側に見える穴は水抜きでしょう。
これがないと、バルコニー溜まった水が抜けませんから…。

↓バルコニーのドアです。
窓

アンダーセン社のグライディングパティオドアです。
当初、国産メーカーのパティオドアの予定でしたが、
輸入ものにしたいという夫の強い要望により、
このドアになりました。
もちろん木製ですが、
普通の窓と違うのは内側も樹脂で被膜されています。

↓お風呂の窓です。
お風呂の窓

残念ながらこの窓は国産メーカーのアルミサッシです。
湿気が多いところでは、
やはり木製サッシをつかうのは難しいようですね。

↓こんなものもありました。
秘蔵っ子

我が家は洗面所に床下点検口を兼ねた床下収納があります。
それにしても、「秘蔵っ庫」って(o〃^∇^)/_彡☆あははははっ
思わずウケてしまいました♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
躯体工事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

<39日目>部材到着!

この日は土曜日。
大工さんはお休みでしたが、内部が一変していました。

↓様々の部材が所狭しと置かれています。
内部

左奧のミルクリークの箱に入っているのは床です。
アンティーク色のミルクリークオークが入っているはずです。
開けて見てみたいけれど、我慢我慢!
その手前の箱はなんだろう???

そうそう、アウトレット立会いの時に、
東急ホーム側でスリッパを用意してくださいました。
これで、土足禁止です。
細やかな心遣いがありがたいです♪
隣の置いてあるのは私が準備したクーラーボックス。
差し入れの飲み物を入れておき、
自由に飲んでもらうことにしました。

↓断熱材です。
断熱材1

ロックウールだと思われます。
1階の吊り天井に使われます。
吸音性もあるので、さらに2階の足音が響きにくくなりそうです。
夫は「555」に反応していましたが…。
(スバル車ファンの方、おわかりいただけますよね?)

↓こちらも断熱材です。
断熱材2

高性能グラスウールだと思われます。
外壁と2階の天井に使われます。
中がふっくらしていて、袋がパンパンなので、
見た感じも暖かそうです。

↓破風換気金物???
破風

軒下の換気に使われるようです。
これと棟の換気口で、
屋根裏(小屋裏)の暖気や湿気を逃がすことができます。
もちろん結露も防止できます。

中の作業も進んでいました。
↓天井にダクトが這わせてあります。
ダクト

この写真は2階の天井です。
デンソーさんが作業されたのかな~。
そのうち塞がれてしまうので、見えるのは今だけです。

どんどん変わっていく家を見るのも楽しいですが、
部材を見るのも楽しいですね~。
(もしかして、変わってます???)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
躯体工事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

<38日目>全体像

この日はあまり内部工事が進んでいませんでした。
ということで…
↓家全体です。
全体

ネット越しで見にくいですが、正面の窓が入っていました。
正面の窓はアンダーセン社のダブルハングです。
結構重いので、全ての窓を開け閉めすると息が切れそうですが、
全館空調なので、あまり窓を開けることもないでしょう。
開けるときは一部だけにしておきます(笑)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
躯体工事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

<36日目>窓が入った~♪

上棟検査も済み、検査はしばらくお休みです。
これからは内部工事が本格的に進んでいきます。

↓窓が入りました。
窓

アンダーセン社の輸入サッシです。
アルゴンガス入り二重ガラスの木製サッシですが、
外側は樹脂で被膜されています。
この写真の窓はケースメント(縦すべり出し窓)です。
1階のトイレの窓なので、曇りガラスになっています。

↓鍵もつきました。
鍵

治安の悪いところではないのですが、
金属が狙われる時代ですしね。
それに敷地の中には機械も置いてあるので、
関係者以外が簡単に入られるようにしておくのは、
危ないですし、責任問題にもなりかねませんし…。

毎日着々と工事が進んでいくので、見に行くのが楽しみです♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
躯体工事 | コメント:4 | トラックバック:0 |

<35日目>アウトレット立会い

この日はアウトレット立会いでした。
初めての現場での打ち合わせです。

今までの打ち合わせで決めた電気配線の位置を
一つ一つ確認していきます。
平面図ではわかりにくいスイッチやコンセントの位置も、
現場で実際に見て変更することができるので、
イメージ力の乏しい私にはとても助かります!

ということで、やっぱり変更が出てしまいました。
大きな変更は洗面所の照明です。
洗面所は天井にダウンライトを1灯、
洗面台の前にブラケットを1灯の予定です。
でも、問題になったのはそのダウンライトのスイッチの位置。
どうしても思ったところに付けられないのです。
仕方がないので、
ダウンライトはセンサーにすることになりました。
他にはキッチンの作業台のスポットを
ダウンライトに変更したことくらいかな。
細かい変更は、
勾配天井のスポットのレールを分割することになったり、
キッチンとダイニングのダウンライトのスイッチを
分けることにしました。

電気配線に対する我が家のこだわりは、
外壁にはなるべくスイッチやコンセントを付けないということ。
気密シートに穴を開けなければならないので、
気密が低くなってしまうからです。
事前に変更できるところは全て内壁に変更していたのですが、
1カ所だけ見落としていました。
現場で気が付きましたが、
電気屋さんがすでに配線をしてしまっていたので、
変更は諦めました。
変更することはできるのですが、
開いてしまった穴は元通りにはならないし、
余計に穴を開けることによって強度が落ちるのはイヤですから…。

でもほぼ思い通りの位置になったと思われます。
まあ、成功かどうかは、
生活してみないとわからないですけど…(^_^;)

実は、アウトレットの打ち合わせの1時間前に、
JIOと東急ホームの上棟検査が入っていました。
いつも検査しているところを見ているので、
今回もそのつもりでしたが、わからなくなってしまったので、
完全にお任せしてしまいました。
検査終了後、現場管理の方から、
問題なしという話を聞けましたので、大丈夫でしょう。

↓外には屋根材がありました。
屋根

コロニアルネオです。
もっと大きなものだと思っていたのですが、
そんなに大きなものではないんですね。

そうそう、前から面白いなあ~っと思っていたのですが、
私はこういう材料や部品は業者の方が、
自ら運ぶものだと思っていましたが、違うんですね~。
まだ基礎工事の時に、近くを宅配業者のトラックが通ったので、
まさかうちではないだろう…と思っていたら、
なんと、現場の前に止まるではありませんか!
そして、宅配物を置いていかれました…。
伝票には住所、夫の名前、「建築現場」と書かれていました。

少しだけ衝撃的でした♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
仕様 | コメント:4 | トラックバック:1 |

<33日目>内部工事スタート

この日は日曜日なので、大工さんたちはお休みでした。
ということで、しっかり写真撮影です♪
普段は邪魔しないように、遠慮しているので…。
(っていいながら、ずいぶん撮っていますが(笑))

↓窓の部分です。
シルパン

外から見た写真です。
垂れ下がっているグレーのシートは防水シートです。
その上にシルパンと呼ばれるプラスチックの板を設置し、
テープで留めています。
窓の両端にある黒いものは、
テープの厚みを解消し、
窓の下の部分の隙間をなくすためのものだそうです。
これで雨が降っても大丈夫♪
東急ホームの売りの一つですね!

↓1階の天井です。
天井梁

よく見ると、幅が違う梁が2本ずつあります。
これは、吊り天井といわれ、
2階の床の根太と1階の天井梁が別になっているからです。
幅が細く金具が下についている梁は、
1階の天井を支えるためのものです。
幅が太い梁は2階の床の根太で、1階の天井とは接しません。
そうすることによって、2階の足音が1階に響きにくくなります。
この吊り天井は、我が家が他のHMと検討したときに、
東急ホームに傾いた理由の一つでもあります。
吸音金具や吸音性の低いグラスウールを
吸音材として使っているところもあったので…。
まあ、厚みを増やせば同じ効果は得られるのかもしれませんが…。

↓あれ?柱にヒビが入っている???
ヒビ

現場監督の方に確認すると、
このヒビは表面だけなので問題はないとのことでしたが、
この柱は2階と階段を支える大事な柱ということもあり、
交換してもらうことになりました。

↓階段部分です。
階段

2階からの写真なので、まだ穴ですね(笑)


↓勾配天井です。
勾配天井

平面図では全く高さがつかめていなかったので、
実際に見てビックリ!
結構高いです。

↓ロフトの入り口です。
ロフト

勾配天井を利用して、一部ロフトにしてもらいました。
約3畳のスペースで、全館空調の機械の点検口もあります。
まだ使い道は未定ですが、書棚兼収納になりそうです。

↓発見!
おもしろい?

これは一体どういう状況なんだろう???
ちょっと面白いですけど(笑)

↓屋根もできあがっています。
屋根

防水シートが貼られました。
屋根が貼られるのは少し先なので、
しばらくこの状態が続きます。

それにしても、たった1日でこんなに進むなんて…。
恐るべきスピードです…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
躯体工事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

<32日目>防護ネット

とってもいい天気です♪
朝ということもあり、
空気も澄んでいて空のブルーも鮮やかでした。

家の状況は…。
↓ネットで覆われました。
ネット

外壁工事が終わるまでの約3ヶ月間は、
ネットに覆われた状態です。
しばらくの間、家の全体像は、
ネット越しにしか見ることができません…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
躯体工事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

<30日目>躯体防蟻処理

願いが叶わず、
屋根工事が終わる前に雨に降られてしまいました…。
しかも、土砂降り…(>_<。)

↓玄関土間です。
防蟻処理1

床から1mの高さまで、オレンジ色に染まっています。
これが防蟻処理をした証ですね。
防蟻処理剤自体は無色ですが、
どこに塗ったかわかるように色を付けているそうです。
框もできています。

↓お風呂のところです。
防蟻処理2

しっかり水が溜まっています。
完全にプールです…。
ちゃんと水が抜けて、乾くのだろうか?

↓床も水浸しです…。
防蟻処理3

せっかく上棟前に養生してあったのに、
これでは意味がないような気が…。
オレンジ色も消えてしまっているように見えます。

↓防蟻処理の看板に日付が入っています。
防蟻処理4

多分、防蟻処理をしてから雨が降ったのでしょう。

防蟻処理直後の土砂降りの雨がとても気になったので、
東急ホームに確認しました。
すると、防蟻処理剤は塗布すると木に染みこむので、
雨は問題ないとのことでした。
オレンジ色は着色されているだけなので、
消えても薬剤は木に染みこんでいるそうです。
薬剤が雨で流されることもなく、
効果も期待できるということでした。

それでも心配だったので、
もう一度塗布することも考えましたが、
人体に影響が少ないとはいえ、やはり薬剤なので、
あまり強くしたくないという思いもあり、
そのままにすることにしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
躯体工事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

<28日目>上棟2日目

五月晴れという言葉がピッタリなくらい、
空が青く澄み切っていて、とても清々しい気分でした♪

↓2階部分までできています。
上棟2日目

こだわった煙突もあります。
窓の部分も開いているので、もうすっかり家のかたちです。
1階と2階の継ぎ目には、透湿防水シートが貼られています。
雨養生ということでしょうか…???

この日は屋根部分をされるそうです。
屋根ができるまで、雨が降らないことを祈ります!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
上棟 | コメント:0 | トラックバック:0 |

テンプレート変更しました

きれいなテンプレートを見つけたので、
変更してみました♪

ティアレ☆という名前とは、
ミスマッチになってしまいましたが…。
それにちょっと重いですけど…。

今後はこちらでよろしくお願いいたします!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
ブログ関連 | コメント:3 | トラックバック:0 |

<27日目>上棟初日

とうとう上棟です
天気は快晴!
上棟日和ですね

気合いを入れて、現場に到着
たくさんの方が作業をされていました。

↓すでに1階部分のパネルが設置されていました。
上棟1

棟梁の方がパネルの上に乗って指示をされています。
慣れているんだろうけれど、怖くないのかな…。

↓パネルがクレーンで持ち上げられています。
上棟2

一つ一つ丁寧にクレーンでパネルを運んでいました。
機械を使うと早いですね~。
ただ、この土地は住宅地の中。
電線を気にしながらの作業はとても大変そうでした。
クレーンを動かしている方の技術に脱帽です。

↓パネルにマークがあります。
上棟3

何を示しているのか全く不明…。
せめて日本語で書いてくれないと┐('~`;)┌

それにしても、この日は上棟なので、
現場監督の方に現場でお会いできると思っていましたが、
来られていませんでした。
地鎮祭以来お会いしていないのですが…。
実は上棟のお礼(ご祝儀)を準備していたのですが、
初対面の方ばかりで、どなたにお渡ししていいのかわからず…( ̄~ ̄;)
結局、お礼は渡せずに、
差し入れの飲み物だけ渡して帰ってきてしまいました(>_<。)

後に聞いた話によると、上棟のお礼等はお断りしているそうなので、
結果としてはそれで良かったのかもしれませんね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
上棟 | コメント:2 | トラックバック:0 |

お湯の浄水

上棟について記載する予定でしたが、
一つ書き忘れていたことがありました…。

すでに記事にしていますが、我が家は全館浄水を採用しました。
でも、水道工事の最中にお湯が浄水されないことを知って、
現場管理の方に事実確認をお願いしていたのですが、その結果です。

やはり基本的にはお湯は浄水を使用していないそうです。
理由は、エコキュートのお湯を直接飲む人はいないからということと、
浄水した水をエコキュートに入れると、
細菌の繁殖の心配があるということです。

確かに、浄水された水といえども、エコキュートに入った水は、
お湯にするためにタンクに溜められるので、
その間に細菌が繁殖する可能性は否めませんね。
そうなってしまったら、せっかくの浄水の意味がありません(>_<。)

でも、やはり蛇口から出る水やお湯は全て浄水にしたい!
この思いが強かったので、そう伝えると、
ちゃんと方法を考えてくださっていました。

それは、エコキュートから出たお湯を浄水するということ

すぐに使われるので、細菌の繁殖も抑えられるそうです。
そもそもこの浄水のシステムは、
浄水のポイントを2つにすることができるそうなので、
一つは水に、もう一つはエコキュートから出たお湯に
使用できるそうです。

もちろん、即決でこちらの方法でお願いしました。
これで、無事、全館浄水の夢は叶いそうです♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
設備 | コメント:4 | トラックバック:0 |

<26日目>雨養生

さすがにこの日は大工さんはお休みでした。
休日にもかかわらず、連日、ありがとうございました

↓ブルーのビニールシートが掛けてあります。
養生

床下地が雨によって濡れないようにです。
隙間なく覆われています。
それにしても真ん中のふくらみが気になります(汗)
何か入っているのかな~???

さ~て、翌日は上棟です!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
土台工事 | コメント:4 | トラックバック:0 |

<25日目>床下地

この日も祝日です。
やはり大工さんが作業をされています。

↓床下地の合板が貼られました。
合板

隙間なく貼られていきます。
前々回の記事に取り上げた、JASマークのある構造用合板です。

これで床下を上から見ることはできなくなりました。
床下点検口からは潜り込めば、
下からは見ることができますけどね…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
土台工事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

東急ホーム関係者並びにミルクリークファンの皆様へ

いつも当ブログをご愛読いただき、ありがとうございます。

最近、東急ホームの関係者の方々にも
ご覧いただいていることが判明しましたので、
ここで、お断りとお願いをさせて頂きたいと思います。

当ブログは、あくまで私という一個人の主観に基づき、
家づくりの課程で、体験したことや思い悩んだことなどを
素直に記載しております。
その為、関係者の方々やミルクリークファンの皆様が、
不快に思われることもあると存じております。

しかし、一生に一度である家づくりは、
私の人生において、とても大きな分岐点になると考えております。
それ故に、感情に左右されることも多々ありますが、
そのような状況も素直に記載していきたいと考えております。

また、当ブログは、私の家づくりの記録として、一生の思い出として、
更には、家づくりに興味がある方、今後家づくりをされる方にとって、
少しでもお役立て頂けるように、記載していきたいと考えております。

今後も当ブログをご覧になられた皆様が、
不快な思いをされる記載もあるかもしれません。
しかし、あくまで私自身が感じた事を素直に記載しているだけであり、
東急ホームを批判をするものではございませんので、
ご理解いただきたいと存じます。

なお、度を超した記載や不適切な言葉などは、
訂正させて頂くますので、ご連絡をいただければ幸甚です。

最後に、東急ホームの関係者の皆様へ。
私は沢山のHMから東急ホームを選ばせて頂きました。
その選択は今でも正しかったと思っておりますし、
もちろん悔いもありません。
担当してくださっている皆さんも
私の家について真剣に考えてくださっています。

まだ建築途中ですが、現段階ではとても満足しております。
くれぐれも担当の方々をいじめたりしないで下さい(笑)。

今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
お願い | コメント:18 | トラックバック:0 |

<24日目>床下の断熱材

この日も祝日です
でも、大工さんは作業をされていました

↓土台や床根太の間に断熱材が入りました
床下断熱

断熱材はXPS90mmです。
隙間にあわせて一つ一つカットし、はめ込まれていきます。

↓近くで見るとこんな感じです。
床下断熱2

この場所は洗面所です。
床下点検口の部分には穴が開いています。

敷地の中にはこんなのもありました。
↓構造用合板が積み上げられています。
床板2

構造用合板とは、木材を薄くむいた板、
単板(これをベニヤといいます。)を木目が直交するように重ね、
接着剤ではり合わせて作ったものです。
建築物の構造上及び耐力性上、主要な部分に使用されます。
東急ホームでは18mmの厚みのものを使用しています。
これは土台の上に貼られていきます。
濡れないようにちゃんとシートで覆われています。

↓JASの認定マークもありました。
床板

ここからはかなりマニアックなので、かなり注意してお読み下さい。
(読み飛ばして頂いても結構です)

材質は針葉樹です。

等級は2級ですが、
2級は枠組み壁工法住宅の耐力壁、屋根下地、床下地等、
いわゆる下張りに使用されているものを対象としています。
一般的な使い方では十分な強度があるので、
長手方向の曲げ剛性試験のみが行われています。
ちなみに1級の構造用合板は、
より高度な構造に対して利用されることを目的としており、
長手方向及び短手方向のそれぞれに対する
曲げ剛性試験・曲げ強度試験の他に、
面内せん断試験が義務付けられているそうです。

寸法は床下地に使用する構造用合板は、
根太工法の場合は、12,15,18、21mmのもので、
根太レス工法の場合は、
24,28,30,35mmのものになります。
東急ホームは根太工法なので、
もちろん18mmは問題なしです。

接着の程度は特類です。
これは、合板を貼り合わせた接着剤の耐久性によって
特類、1類、2類、に分類されるそうです。
構造用合板には、特類または1類が使用されるそうで、
類別によって使用される場所が違ってくるそうです。
特類:屋外又は常時湿潤状態となる場所で使用することが主な目的
1類:コンクリート型枠用合板及び断続的に湿潤状態となる場所で
   使用することが主な目的
2類:時々湿潤状態となる場所で使用することが目的
とされています。

板面の品質はCーDとありますが、
これはアルファベット2文字(A・B・C・D)の組み合わせで、
9段階に分類されており、表板・裏板の品質を表したものだそうです。
C-Dがどのレベルかはわかりませんが、あまりよくないのかなあ。

もちろん揮発性有機化合物(VOC)対策に対応した、
F4☆で、最上位等級です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
土台工事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

<23日目>土台&床根太

この日は祝日です。
それにもかかわらず、大工さんが作業をされています。
ありがとうございますm(_ _)m

↓土台と床根太が取り付けられました。
土台1

我が家の土台と床根太は米ツガです。
一般的に、土台や床根太に一番向いているのは、
イエローシダー(米ヒバ)・ヒバ・高野槇と言われています。
これらの木は堅いので、腐りにくくシロアリも食べないそうです。
また、防腐・防蟻のための薬剤を使わなくても良いので、
健康面でも安心です。
続いて、耐腐朽性が高く、耐蟻性がまあまあ良いのが、
檜・ケヤキ・ポートオーフォードシダー(米檜)
耐腐朽性が高く、耐蟻性があまり良くないのが、
栗・ウエスタンレッドシダー(米杉)
耐腐朽性も耐蟻性もまあまあ良いのが、
杉・唐松
耐腐朽性がまあまあ良く、耐蟻性があまり良くないのが、
ダグラスファー(米松)・ダフリカ唐松・
ミズナラ・欧州赤松(レッドパイン)
の順番になり、
土台や床根太に向いていないのは、
耐腐朽性も耐蟻性もあまり良くない、
赤松・黒松・モミ・ウエスタンヘムロック(米ツガ)
さらにその下にランクされるのが、
エゾマツ・トドマツ・ラジアタマツ・ホワイトウッドだそうです。
これらの木は柔らかいため、
腐りやすく、シロアリの餌食にもなりやすいそうです。
もちろん、防腐・防蟻処理剤が加圧注入されているので、
すぐに腐ったり、シロアリの被害に遭うことはないのですが…。
保証もされていますし。

ただ、この順位は心材(通称あかみ、木の芯の赤い部分)や、
芯持材(樹芯を含む木材)にのみ当てはまり、
辺材(木の芯の周りで芯を含まない部分)には
当てはまらないそうですが…。
残念ながら、我が家が心材か辺材かはわかりません。
多分、心材だと思いますが…。
心材は堅いのですが、辺材は水分と養分を多く含んでいるので、
腐食や変色しやすいらしいので。

でも、もっと早く気が付いていれば、
絶対米ヒバにしたのになあ。
薬剤を使う防腐・防蟻処理にはかなり抵抗があったので…。
私は結構、薬品に対して敏感なんです。
新しいお家で具合が悪くなったこともあるし…。
それに、米ツガを使わないことを
売りにしている業者もあるくらいだし…。
完全に勉強不足でした(>_<。)

↓束も入りました。
土台2

鋼製の束です。
腐らないので、年月が経っても安定した床を保てるそうです。

木材は少し残念ですが、
とても頑丈な床下ができあがったようです♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
土台工事 | コメント:0 | トラックバック:1 |

<22日目>土台

19,20日は工事はお休みです
21日目から土台工事の予定でしたが、
雨のため延期になりました
22日目、夕方に現場に行くと、
少しだけ変化がありました

↓基礎パッキンです。
気密パッキン

基礎と土台の間に入ります。
この基礎パッキンが湿気対策の重要な役割を果たします。
土台が基礎と直接触れないため、
基礎に含まれている水分を吸うことがないのです。
また、この連続した基礎パッキンを用いることにより、
床下のすべての場所が換気されます。
さらに、換気口が必要ないため、
基礎の強度を出すことができるそうです。

う~ん、万全な対策ですね!
いくら建物が丈夫でも、
土台が腐ってしまったら元も子もないですしね。

また、基礎パッキンの隙間は小さいため、
虫も入り込みにくいそうです。
虫嫌いな私にとって、これはかなりうれしい♪

翌日からはやっとのお出ましです。
木造住宅ということを忘れかけていました(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
土台工事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

<18日目>足場設置

基礎工事が完了したようです。
工程を教えて頂いていましたが、
現場に行って初めて気が付きました(笑)

↓業者さんが足場を設置中です。
足場

足場を見ていると、家が大きく見えますね。
家より一回り大きいので当然なんですけど…。

それにしても、足場を組むってすごい作業ですね。
何もない空間に鉄パイプが組まれるのですから。
しかも、それに人が乗るわけですし…。
業者さんは簡単そうにこなされていましたが、
とても難しい作業ですよね~。

足場は1日(半日)で完了です。
これからは土台の工事に入っていきます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
足場 | コメント:2 | トラックバック:0 |

<17日目>断熱材

夜の現場です
やっぱり昼間とは違う雰囲気ですね

↓基礎の全貌が見えました
基礎全貌

暗いので、かなり見えにくいです。

↓お風呂の周りの断熱材です。
お風呂断熱材

昨日はなかった、排水のパイプが設置されていました。
断熱材は押出法ポリスチレンフォーム保温板(XPS)というものです。
厚さは外周部は50mm、それ以外は20mmが標準になります。
ですが、かず104さんのアドバイスにより、
内側(外周部以外)も50mmにしてもらいました。

↓玄関の断熱材です。
玄関断熱材

すでに土間の下にはXPS20mmが敷き詰められているはずです。
確認できなかったけれど・・・(>_<。)
玄関は外周部以外は土間の外側(床下)に断熱材が貼られます。
我が家は寒冷地ではないので、XPS20mmが標準ですが、
ここもかず104さんのアドバイスにより、
外周部以外を50mmにしてもらいました。
外周部も50mmにしたかったのですが、
仕上げに影響があるとのことなので諦めました・・・。

かず104さん、本当にありがとうございます!!

でもよく見るとこの部分は、
一部貼られてないし、継ぎ接ぎなんですよね~。
気になるので、直してもらうことになりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
基礎工事 | コメント:8 | トラックバック:0 |

<16日目>配管&断熱材

工程表では先行配管の段階です

↓水道屋さんが作業されています
基礎+配管

型枠のはずれたポーチ部分も写っていますね
奧の断熱材が貼られている部分がお風呂です。

↓排水の管です。
配管

素材は塩化ビニールですね。
排水なので塩ビでも衛生面での問題はないですが、
やはりステンレス管のほうが良いそうです。
というのも、排水が詰まったときに、
高圧の水を流して対処するらしいのですが、
塩ビだと水圧に耐えられず割れてしまうことがあるそうです。
ステンレスは割れる心配はほとんどないですから。

詰まらせなければいいんですけどね。
気をつけよ~っと♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
基礎工事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。