家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

さらに範囲を広げて・・・

仮押さえとはいえ土地も決まったので、今度は家に集中。
天体観測をするための土地なので、
ドームをのせることができる住宅を探すことに・・・。

夫がいろいろ調べた結果、
ドームを屋上にのせるのには現場打ちのRC造が一番いいらしい。

その結果からRC造のHMにカタログ請求をしてみた。
RC造の住宅はかなり高級のイメージがあったが、
今はコストダウンの方法を用いているところもあり、
他の構造とほとんど価格差なく建てることも可能らしい。

これにはかなり興味を持った!
そんなに高くなくて、
夫の希望を叶えることができるのであれば、
まさにうちにピッタリ♪

あとは居住性次第。
RC造は抜群の気密性だけど、結露が問題視される。
私が一人暮らしをしていたときも結露がひどかったし・・・。
あとは夏暑く、冬寒い・・・。

居住性について、他の構造とも比較して検討していくことにした。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新たな思惑 | HOME | 仮申込み>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。