家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

実地見分

RC造の家を見学しにいった。

我が家がRCにするための条件はただ一つ。
揺れないこと。
天体望遠鏡を設置できなければRCにする必要がない。

見学先はモデルハウスではなく引き渡し前のお客さんの家なので、
営業の方の許可をもらって屋上で飛び跳ねてみる。

確かに、揺れない!
他の構造の家はかなり揺れていた。
2階や1階でも飛び跳ねたり、ドアを強く閉めたりしてみたが、
全然わからなかった。
HMによっては補強を入れるから大丈夫というところもあったが、
もともと揺れる構造に補強を入れても、
多分RCにはかなわないだろう・・・。

それに、かなり広い空間もとれる。

引き渡し前ということで居住性はわからなかったが、
結露はしていない模様。
ただ、やっぱり寒かった。

多少の問題点はあるものの、
これを経て、完全にRC造で進めていくことになった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<相性 | HOME | 新たな思惑>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。