家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

<127日目part2>バトル!

引き渡しまでカウントダウンができるようになったこの頃、
ほかにもしなければならない重要なことがあります。

それは登記
住宅ローンを利用しているので、避けては通れない道です。
今回、必要になる登記は5つ。
建物の表題登記と所有権保存登記と抵当権の追加設定登記、
土地所有権登記名義人の住所変更登記と抵当権の住所変更登記。
実は私は前々から自分でしたい!と思っていたので、
挑戦することにしました。
表題登記は施行会社の、
抵当権がらみの登記は銀行の許可がいります。
登記は、登記するものとされるものが、
お互い協力してするものという定義がありますから。

少し前に東急ホームの営業の方に、
自分で登記したい旨をお話ししました。
あまりやってほしくなさそうな反応でしたが、
駄目とは言われず・・・(ほっ!)
抵当権の登記の話もしていたので、
銀行にも聞いてくださったのですが、
やはり難しいとの答えだったそうです。
案の定といったところです。

ということで、銀行に直談判することに・・・。
お盆期間でしたが、銀行にお盆は関係ありません。
電話で契約の時に担当してくださった方をお願いしたところ、
転勤されていないとのこと。
な~んか嫌な予感・・・。
お話がわかる方をお願いしたところ、
そのままどうぞと言われたので、お話をすることにしました。
以下はそのときの私と銀行の会話です。
私「もうすぐ家が完成なので、
  抵当権の設定を自分でしたのですが・・・」
銀「そちらで司法書士に依頼されるということですか、
  いいですよ」
私「いえ、司法書士を頼むのではなく、
  私がしたいのですが・・・」
銀「それは駄目です。」
私「なぜですか?」
銀「内部規定で決まっていますので・・・」
私「銀行独自の規定であって法律ではないでしょう?」
銀「そうですけれど、規定ですし、初めてのケースなので・・・」
私「それならそれは銀行の都合だから、
  費用はそちらでお願いします。」
銀「できません」
私「なんでですか?そちらの都合でしょう?」
銀「それだったら、ほかで借りたらいいじゃないですか!」
この一言に頭にきた私。
私「はい?お金を貸しているからって、
  そんなに銀行が偉いんですか?」
銀「それならほかで借りてください!」
それならそうします、と言って電話を切りました。
だいたい内部規定というのは内部だけのもの。
対外的には効力を及ぼしません。

あまりに頭にきたので、
すぐにサービスセンターにクレームの電話(笑)
やりとりとこの人の名前を伝えて終了。

実はこの人とのやりとりは初めてではないんです。
ローン契約の関連で家に来られたことがあります。
その時の担当の方が都合でこられないからと、
代わりに来られたのでした。 
そしてその時にいきなり、
「奥さんに借金はないですか?」と言った人です。
仕事なのはわかっていますが、いきなり何?!
いくら名刺をもらっていても、
初対面の方にそんな聞かれ方をするのは不愉快です!

その後、もしかして・・・と思い、
東急ホームの営業の方にも電話。
さっきの銀行とのやり取りで、
営業の方にも迷惑がかかるかもしれないと思ったからです。
すると、時既に遅し。
やっぱり、銀行から電話があったとのこと。
私が何者なのか聞かれたそうです(笑)
う~ん・・・、やっぱり迷惑をかけてしまいました。

登記は前途多難。
すでに実行されている住宅ローンもどうしようかなあ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
登記 | コメント:12 | トラックバック:0 |
<<<127日目part3>和解?! | HOME | <127日目>クロス終盤!>>

この記事のコメント

えー???本当に失礼な銀行マンさんですね!!
同じ事を言うのだって言うタイミングとか言い方とかがあるじゃないですか。。。。。色々ナーバスになる時期ですから本当にちょっとした言葉で傷つきますよね。お察し申し上げます。

登記は私の父も相続のときに自分でやりましたが「大金を払うのだったら自分でやったほうがいい!」といっておりました。
そんなに言われているほど大変ではないとのことでしたよ。

2007-11-20 Tue 05:50 | URL | タイタニアレイン #-[ 編集]
失礼ですよね~!
それだからその銀行の経営状態が悪いんだよ・・・
とか思ってしまいました(笑)
今はその銀行マンとはほとんどやり取りがありませんが、
固定期間終了までに転勤してもらいたいくらいです。

タイタニアレインさんのお父様も登記の経験がおありなんですね。
確かに司法書士に支払う報酬はけっこう高いですしね・・・。
実は今回、無事に自分で登記ができたのですが、
そのことはまた順を追って記事にしていきますね!
2007-11-20 Tue 08:15 | URL | ティアレ☆→タイタニアレインさんへ #-[ 編集]
すごい!登記をご自分でなさったんですね。
うちも妻が自分でやってみたいと言っていたのですが、
結局無理っぽそうだったので、そのまま引き下がって
しまいました。
確かに内部規定なんて、法律じゃないんだから、
自分でやってもいいはずですよね!

それにしても、ずいぶんと高圧的な銀行マン!
預金者には甘い顔をしているんでしょうが、
借りる側にはずいぶんとひどい態度ですね(怒
決して、全部の銀行がそうとは思っていないですが、
僕はそういう態度を取られるのが怖くて、
非営利で雰囲気がよさそうな、ろうきんにしてしまいました。
普通の銀行も話はきいてみましたが、
やはり「閉めるところは閉める」といった雰囲気が
ありましたね。
決して態度の悪い方ではありませんでしたが。。。

でも、銀行の圧力にも屈せず、やり遂げたのはすごいですね。
話の続きがとても楽しみです。
2007-11-20 Tue 19:32 | URL | dyne #CvOBiCF6[ 編集]
あら~、dyneさんは引き下がられてしまいましたか・・・。
登記はそんなに難しいことはなかったですよ、
法務局も登記官もけっこう親切です。
世の中の流れのせいかもしれませんが・・・。
銀行の説得の方がだいぶ大変でした(笑)

本当にこの銀行、嫌になります。
でも、契約の時の銀行マンは良い方だったので、
銀行マンによるところなのでしょうが・・・。
今でもこの銀行マン、大嫌いです!
ろうきん、良さそうですね。
ローン契約の前にもっときちんと考えれば良かったかも・・・。
うちは施行会社の提携先の銀行にしてしまったので・・・(汗)
2007-11-20 Tue 19:59 | URL | ティアレ☆→dyneさんへ #-[ 編集]
それはわがままなだけだと思いますけど。
銀行が抵当権設定登記をするのは
ローンが返してもらえないときに抵当権を
実行して不動産を競売するため。
抵当権がただしく登記できないと銀行は
困る。ただしい登記ができる保障があるから
貸付ができる。
登記は自分でできることも多いけど
それはたまたま。難しいことも多く、むずかしい
かどうかも素人には判断できない。
それでは銀行もこまるのですよ。
内規といったのは担当者の勘違いでしょう、
契約書にかいてあるとおもいますよ。
2007-11-25 Sun 12:37 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
ティアレさんすごいですね!
我が家も、抵当権の設定まですべて自分で登記を行いましたが、こんなひどい対応ではなかったですよ。
私もがんばりましたがティアレさんのがんばりには負けてます。

通りすがりさんは銀行関係の方?司法書士さん?
登記を法律に基づいてやるって言うことはわがままなのですか?
銀行の内規がわがままだと思いますよ。
本来、登記という物は、お互いが協力して行う物なんですけどね。銀行は若干非協力的だと感じました。
当然、登記の歳に、銀行の方に法務局に同席してもらえれば済む話なんですけどね。
なんで委任状を書くのでしょうね?
ローンの契約をもらうためなら足繁く家まで通ってくれるのに、ちょっと法務局に抵当権の設定しに行くのに付いてこれないのでしょうか?そっちの方が謎です。
普段、司法書士さんに任せっきりで本来の登記方法を知らないだけではないでしょうか?

我が家のローン契約書には、司法書士をたてなければならないなんてことは書いていませんし、勘違いしそうな文章も見あたりませんでした。
よそのブログでソニー銀行さんの契約書には、そういったことがかかれていたと見ましたが、すべての銀行がそうであるとは限りませんね。

これだけインターネットが普及したのであれば、登記ぐらい自分で調べて自分でしようという人はいくらでも出てくると思います。逆に、銀行の方も成長して、そういった要望に応えていくのが本来のスジではないでしょうか?
2007-11-26 Mon 03:24 | URL | ジュゲム #-[ 編集]
私は抵当権設定については詳しく知っている方だと思います。
書かれていることももちろん熟知しています。
登記は確かに難しい面もあると思いますので、
全く無知では登記はできないでしょう。
そのためそれ相応の勉強は必要になると思います。
だからといって司法書士に依頼するかどうかは個人の判断です。
絶対に依頼しなければならない訳ではありません。
それに、我が家の契約書には、
登記は司法書士に依頼しなければならないとは書いていませんよ。
ただ、登記費用は借り主が持つという文言はありますが・・・。
ちなみに住宅金融公庫など政府系金融機関は、
書面に自分で登記できると書いてありますし。

銀行の都合で銀行側が司法書士に依頼するのは勝手ですが、
借り主がその司法書士に依頼する必要はないと思います。
本人が銀行の依頼した司法書士と一緒に、
登記の手続きを行えばいいだけですから。
なので、その司法書士の費用まで借り主に請求することは、
私はおかしいと思います。
実際に法務局に相談して、
「司法書士の費用はそちら(銀行)で持ってください」
と言うといいとアドバイスを受けた方も知っていますし・・・。

登記ができなければ銀行は困ると言われていますが、
それはその通りだと思います。
でも、銀行はたいてい登記ができるまで、
ローン実行をすることはありません。
司法書士に依頼すれば抵当権の申請をした時点で、
ローン実行されるケースがほとんどですけど。
我が家の場合は施工業者と提携している銀行だったため、
土地の決済時にローン全額が実行されましたが、
それでも登記が済むまでは、
留保金という形で勝手には使えないように、
銀行に預かられていました。
それが下りてきたのは抵当権の設定が済んでからです。

私はわがままを言ったのではなく、
法律に則り権利を主張しただけだと思っています。
2007-11-26 Mon 03:27 | URL | ティアレ☆→通りすがりさんへ #-[ 編集]
お久しぶりです♪
遅い時間にありがとうございま~す!
私もちょうど見ていたので、少しビックリです。

ジュゲムさんもご自分で登記をされたのですね~。
良い対応だったようで、羨ましいです。
やっぱりこの会話はひどい方でしょうか???

ソニー銀行は登記を司法書士に
依頼しなければならないのですか?!
もし契約書にそんな文言が入っていたら、
私は間違いなくその銀行とは契約しないでしょうけれど・・・。
世の中にはいろんな銀行があるのですね。

銀行が登記を知らないのでは?というのは私も感じました。
だからって借り主にも委任状を強制するのはおかしいですよね~。
銀行が司法書士に委任状を書くのは勝手ですけれどね。
確かにローン契約までは何度も自宅に来られるのに、
何故、たった数回法務局に行ってもらえないんでしょうね。

今はインターネットで調べればかなり細かく出てきますしね~。
これからますます本人登記が増えるでしょうね。
登記を生業としている司法書士や土地家屋調査士は、
仕事をとられそうと焦っているかもしれませんね。
2007-11-26 Mon 03:57 | URL | ティアレ☆→ジュゲムさんへ #-[ 編集]
まあいろんな考え方があっていいとおもいますけど

1.登記はそんなに簡単ではないし簡単なものと簡単でないものをいちいち銀行が判断できないということ
2.そういうことをせず全部専門家にまかせることで銀行サービスが成り立っていてそれを変更するなら銀行金利がいまより上がってしまう可能性もあること

そういったことを全部理解したうえで物事は理解したほうがいいと思うんです。全部自分でできるというのはおごりだと思うし結果まわりまわって自分の首をしめることもあるということ
いいとこどりだけできるわけではないし銀行はサービス業だから全部客の言うことを聞けというのはちょっとと思っただけですよ
自分の仕事におきかえてみればある程度理解できませんか
2007-11-26 Mon 20:45 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
1、前にも書きましたが、
登記が難しいか簡単かを判断できない銀行が,
専門家に依頼をすることは、銀行の判断なので、
借り主がどうこういうことではありません。
だからといって、借り主にまでその専門家に依頼させる権限は、
銀行にはないはずです。
そういう契約になっていなければということですが。

2、1と内容は同じですが、
銀行が登記のすべて専門家にまかせることについて、
顧客は何も言う権限はありません。
でも、その場合の専門家への依頼者は銀行です。
その費用を借り主に請求するのはお門違いだと思います。
本来自分でできる登記を銀行の都合で専門家に依頼するので、
その費用を借り主のあなたが持ってください、
と言われて納得する人はいないと思いますけれど。
本人登記により金利が上がるというのであれば、
それはその銀行の方針なので、
私がどうこう言うことではないと思います。
経営努力をされる銀行でしたら、
そんなことで金利を上げる必要はないでしょうし。
だいたい、自分で登記するにあたり、
銀行がしてくれたことは資格証明書を貸してくれたことと、
白紙委任状をくれたことだけです。
これは登記を専門家に依頼した場合でも同じです。
それでなぜ金利をあげなければならないかは、
私には理解できません。
登記が済んだ後には、
証拠の登記簿謄本と登記識別情報通知を持参していますし。
まあ、それを確認しないとお金は下りてきませんが。
どちらかというと本人登記が増えることによって、
法務局の手間は増えるでしょうから、
登記そのものにかかる費用があがることなら理解できますが。

それに、銀行はサービス業だとは思いますが、
私はすべて顧客のいうことを聞けとは言っていませんけど。
無理難題めちゃくちゃを言っているのではなく、
私はあくまで自分の権利を主張しただけです。
してはいけないとされていることを
やらせろと言ったわけではありません。
私には権利の主張をするなというほうが理解に苦しみます。
2007-11-26 Mon 23:46 | URL | ティアレ☆→通りすがりさんへ #jcDualPM[ 編集]
ですから、銀行は、それだと困るから、それなら他の銀行からお金を借りてくれと言っているわけで、、そこでそうですか、とならないわけでしょう?
そこまでするなら今の条件ではお金を貸せません、といっているわけで。
商売でもサービス業でもお互い対等な立場で尊重すべきは尊重することも大切かと。自分が思っているほど世の中の仕組みは単純ではないので。銀行としても大金を貸すわけですから。
先方の言い分もよく聞いてみることも大切だと思いますよ。

この辺は価値観の相違ですので、これ以上コメントは差し控えさせていただきます。
2007-11-27 Tue 07:32 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
ええ、だからそれならそうしますと答えましたが。
ここでそれ以上の答えがあるとは思いませんが。
以前の記事にも書きましたが、既にお金を借りている立場です。
この場合にいきなりほかで借りろという、
銀行マンの神経の方が私には理解できません。
まあ、もし話にならなければほかに乗り換えたでしょうけれど。
こんな言い方しかできない銀行と、
これ以上おつきあいする気もありませんでしたから。
私はこの会話で、
この銀行マンの話し合いをする気がない態度に頭にきただけです。
きちんとした話し合いをし、
銀行側の説明をいただければ納得した可能性はあります。
前にも書きましたが、登記に無知な者ではありませんので。
それに関する抵当権者の事情を全く知らない者ではありませんので。
まあ、それを踏まえて自分で登記をしたいと言っているのですが。
だからこそ、逆切れではなく、
きちんとした説明をしてほしかったのですけど。

かなり銀行に肩入れしているようですが、
私の利用した銀行は
’借りてもらっている’ではなく、’貸してやっている’
というような意識があると感じました。
この意識を持っている時点ですでに対等ではないと思います。
対等であるなら、
’貸してもらっている’’借りてもらっている’、
という意識が必要だと思いますので。
その意識は会話や言葉遣いに出るものですし。
説明がなく逆切れをされた状況で対等と言われても、
誰が納得するのでしょうか。
対等であるならば、それ相応の対応を求めます。

私から頼んでコメントをいただいている訳でありませんので、
これ以上のコメントをしたくないとおっしゃるなら、
それはそれで結構です。
今までありがとうございました。
2007-11-27 Tue 10:00 | URL | ティアレ☆→通りすがりさんへ #jcDualPM[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。