家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

<135日目part2>いばらの道?

さて、引き渡しまで約半月
そろそろ登記手続きを本格的に進めなければなりません
まず取りかからなければならないのは、
建物表題登記(表示登記)
新しく建物ができたので、
それの登記簿を作るという行程です。

そのために必要な書類をそろえなければなりません。
たいていの書類は自分で用意できるのですが、
施工会社に協力してもらわなければならないものがあります。
それは、建築確認済証と所有権証明書。
我が家の場合、建築確認を東急ホームにお願いしたので、
この段階では建築確認済証は手元になく、
頂かなければなりません。
HMによっては建築確認が済んだ段階で、
頂けるところもあるようですが・・・。
そしてもう1つ。
所有権証明書とは具体的には、
工事完了引渡証明書資格証明書(印鑑証明書)です。
工事完了引渡証明書には、
施工会社がどういう建物をいつ建てて、
それをいつ建築主に引き渡したかが書かれています。
その書類に施工会社の実印が押印されるので、
資格証明書が必要になるのです。

営業の方に、これらの書類のお願いの電話をすると、
いつもとは違う歯切れの悪い答えが・・・。
前のときにはダメとは言われなかったので、
大丈夫だと思っていたのですが・・・(汗)

確かに最終金の入金前に登記がされることによって、
施工会社は建物という“担保”を失ってしまいます。
登記がされることによって、
その建物は登記簿上の所有者のものになってしまうのです。
さらには、登記をすることによって、
他の人に売ってしまうこともできるのです。
その場合、施工会社には支払いをせず、
売買代金を持って逃げることも可能です。
買い主が善意の第三者であれば、
施工会社は泣くしかありません。

不動産を売買するには、
登記識別情報(登記済証、権利証)が必要になります。
もし司法書士等に登記をお願いすれば、
HMは代金が支払われるまで、
登記識別情報を預かることが可能かもしれませんが、
本人登記の場合、
不動産売買に必要な登記識別情報は、
すぐに本人の手元に届いてしまうので、
売買が可能になってしまいます。
あ、でも、絶対にこんなことしないでくださいね~。
簡単なように見えますが、
そんなに甘いことではありませんので・・・。

と、HMが渋る理由をわかっていても、
やっぱり自分で登記がした~い!
できることなら、引渡前に登記を完了させて、
最終金の支払いまでに留保金が下りてきてほしい!
銀行のときとは違い、完全にわがままですが、
上に書いたようなことはしないって~!
それとも信頼されていないということかしら・・・?

でもそうはいっても、会社という組織である以上、
信頼だけでは無理のようです(当然でしょうけれど)。
話し合った結果、もし最終金を支払わない場合、
登記をしなおすという「覚書き」を交わすということで、
上司の方に相談してくださるそうです。

一難去ってまた一難。
本人登記への道は甘くはないようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
引越 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<<136日目>急ピッチ?! | HOME | <135日目>玄関ポーチタイル完成♪>>

この記事のコメント

こんにちはー。なるほど(ふむふむ)そういうことがあるのですね。実際にこういうことでHMが支払いをしてもらえなかった・・という例はあるんでしょうかしら?でも覚書を交わす・・ということでうまくいきそうでよかったです。
その後のご報告も知らせてくださいね。とっても勉強になりますので。。。。。。。
2007-12-04 Tue 07:26 | URL | タイタニアレイン #-[ 編集]
こんばんは♪
あくまで可能であるというの話なので、
実際にHMに支払いをせずに逃げたということがあるかは、
残念ながら知りません・・・(^_^;)
続き、もちろん書きますよ~。
もうしばらくお待ちいただくことにはなりますけれど・・・m(_ _)m
2007-12-04 Tue 19:23 | URL | ティアレ☆→タイタニアレインさんへ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。