家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

火災保険

書き忘れていた火災保険のことです。
我が家の住宅ローンの条件には、
必ず火災保険に入らなければならないことになっています。
住宅ローンの返済が終わっていない段階で、
火災で家がなくなった場合、
銀行がお金を回収し損ねる可能性があるからです。
返済が滞っても担保もなくなりますし・・・。
少し前までは住宅ローンに火災保険は必須条件だったのですが、
今では必須としているところは少なくなっているそうですけど。

我が家には特に贔屓にしている保険屋さんがないので、
東急ホームの営業の方おすすめの保険屋さんに、
会ってみることにしました。
日時は147日目のカーテンの打合せの後・・・。
この日は本当に盛りだくさんの日でした。

挨拶もそこそこに早速本題です。
保険屋さんは加入期間の違う、
3つのプランを作ってきてくださいました。
5年、10年、35年のものです。
あれ?
最長加入期間は10年まででは???
契約前の資金計画の時に火災保険の最長加入期間は、
36年から10年になったと聞いていたので、
10年分の火災保険料しか予定していなかったのです。
その話をしていた営業の方もビックリしたようです。
詳しく聞いてみると、金融機関からの反発で、
再び36年まで認められることになったそうです。

もともと加入期間を最長10年と決めたのは保険会社。
近年、自然災害が多発して、
将来の保険金支払いリスクの予想が難しくなったために、
10年にしたようです。
でも、それによって困るのは金融機関。
ローンが残っているのに、
保険期間が切れた後に全焼ということになった場合、
抵当権を設定していた建物がなくなり、
担保を失ってしまうことになります。
そのような事情で最長期間は元に戻ったようです。

保険の加入期間によって大きく変わるのはもちろん保険料。
長期間で一括払いにすれば、
短期間で月払いより割引率が大きくなるのは当然です。
でも、割引率を大きくすれば、
すぐに出るお金も多くなるということ・・・(>_<。)
安い金額ではないので、悩み甲斐があります。

そして、火災保険と同時に話題になるのはもちろん地震保険。
地震で保険を使わなければならない確率は低いとはいえ、
最近の地震の多さを考えると、考えてしまいます。

いろいろ検討した結果、
火災保険は35年一括払いにすることに・・・。
いずれ払わなければならないのなら、
トータルして安くなるのを選びました。
物入りな時期なので多少苦しいですけど・・・(>_<。)
地震保険はなしで。
東急ホームの構造で地震で全壊するとは考えにくいし、
我が家はオール電化住宅だし、
近隣からの火災でも全焼することも考えにくい。
それに全損でも半額しか補償されないし・・・。
半損や一部損なら受け取れる額は、
かなり下がってしまうし・・・。
比較的、断層に近いところに建つ我が家ですが、
この断層による地震の確率は、
今後30年で1%、300年でも10%とされているので、
そんなに心配しなくてもいいのではないか、
という判断をしました。

でも、家財保険には加入することにしました。
火災だけではなく、日常生活での破損や汚損にも、
対応してもらえるとのことだったので・・・。

すぐに保険料を支払わなければならないと思っていましたが、
なんと、月末で良いそうです。
もちろん契約期間は6日後の引越予定日からですが、
その段階ではまだ保険料を未払い・・・。
良心的です。

これにてあまり検討しなかった火災保険も、
無事契約となりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
保険 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<完成引渡 | HOME | <156日目part3>引越準備>>

この記事のコメント

こんにちは。
私も家財保険に入りました。

台風で1万円位の物が壊れたので請求しようとしたら、台風での被害は20万円(だったかな?)以上でないと出来ませんでした。

次に家の中の物が壊れたときに問い合わせしたら
免責が3万円で3万円を超えた金額しか支払われないそうです。

新築貧乏な我が家で3万円を越える物って
電化製品くらいなんだが・・・。
それは電気屋の保障に入ってるし。
入るときに説明して欲しいですよね。
2008-01-26 Sat 11:47 | URL | とむ #0VjAYkvw[ 編集]
こんにちは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

アドバイスもありがとうございます。
うちは加入のときに細かい説明がありました。
台風などの自然災害(地震や地震を原因とする損害は除く)では、
とむさんと同じく、
損害額が20万円以上でないと保険は使えないようですが、
突発的な事故(カメラが落ちて壊れたなど)での免責金額は、
5000円になっています。
もちろん、家に影響があった場合(床がへこんだなど)も、
利用できると説明を受けています。
保険会社によって違うようなので、確認は必要ですね。

それにしても、3万円を超える家財ってなかなかないですよね~。
家電なら確かに電気屋さんの保障がありますしね。
タンスとかになるんでしょうか???
2008-01-26 Sat 15:46 | URL | ティアレ☆→とむさんへ #jcDualPM[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。