家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

建築現場にて

RC造で候補になっているのは2つの会社。
どちらもFCの会社。
現場打ちだけど、
従来の方法ではなく型枠断熱方式を採用しているところ。

1社は片面だけ断熱材の型枠を使用し、
もう片面はFRPという素材の板を使う。
その間にコンクリートを流し入れ、
コンクリートが固まった後にFRPの板をはずし、
RC造の特徴である打ちっ放しを見せることができる。

もう1社は両面とも型枠断熱材を使用するので、
コンクリートが固まった後はそのまま。
両面断熱なので、断熱性は抜群だと思われる。
ただ、打ちっ放しにすることが難しく、
コンクリートの状態も確認しにくいのが難点。

この2社の建築現場を見に行くことになった。
私が希望したからだけど。

片面断熱の会社は1階部分のコンクリートの養生が終わり、
2階の型枠を組んでいるところ。
できた壁を見てみると、
下の方のコンクリートに隙間があるように見える。
これでいいのかと聞くと、「ここは床下になるので…」
という、よくわからない答え。
現場作業員の方は挨拶なし。

両面断熱の会社は1階部分のコンクリートの養生中。
使われる断熱材を見ることができた。
ただ、この会社はこの方法での建築は初めてらしい。
そういうこともあり、下の方が膨らんでいたりした。
コンクリートを流し入れた時に、
押さえが足りなくて膨らんでしまったらしい。
そういうミスも含め、
現場作業員の方は丁寧に説明してくれた。
ただ、家の中に灰皿があることが気になった。

しばらくこの2社を徹底比較することになる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
HM選び | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<窓へのこだわり | HOME | C値とQ値>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。