家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

窓へのこだわり

住宅の断熱性能をこだわるうえで、
壁や床、屋根の断熱性も重要ではあるが、
どこも同じような工法を採用しているので、
あまり差はないように感じるようになった。
(一部のローコストメーカー除く)
それよりも家の大きな開口部である、
玄関ドアや窓の断熱性がほうが重要な気が…。
ただ玄関は一カ所、窓は数カ所。。
もちろん玄関の断熱も必要だけど、
それよりも窓の断熱性に興味が湧いた。

HMは、商品やグレードによって、
標準の窓を設定しているところがほとんど。
大抵のHMでは空気層12mmのペアガラスのアルミサッシで
室内側を樹脂でカバーしているタイプを採用している。
それにオプションをつけることによって、
アルゴンガス入りやLow-E加工されたガラスにすることができる。
HMの中には空気層6mmのペアガラスのアルミサッシが
標準にしているところもあったけど。

そんな中、いろんなHMを見てきて想像を超える窓に出逢った。
それが東急ホームの標準であるアンダーセン社の木製サッシ。
空気層12mmのペアガラスでアルゴンガス入りのLow-E。
木製のサッシはアルミより圧倒的に断熱性がいいといわれている。
さらに、外側は樹脂でカバーされいるので耐久性も安心。
夫はこれを見て感動していた(笑)

今住んでいる集合住宅のアルミサッシはシングルガラスなので、
ガラス部分の結露がひどい。
しかし、実はそれ以上にアルミの部分の結露が激しい!
たとえ樹脂でカバーしたところで、この結露は抑えきれないだろう。
結露はカビの原因になることも多く、
健康のことを考えるとこまめな掃除が必要。
また、結露することによって、
室内の水蒸気が水になってしまい、部屋も乾燥してしまう。
結露の原因は湿度といわれることも多いが、
実際は湿度が高いから結露するのではなく、
窓の断熱性が悪いから結露してるように思われる。

もう、結露に悩まされるような家には住みたくない!
その一心で、窓にもこだわるようになった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
住宅性能 | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<私のこだわり | HOME | 建築現場にて>>

この記事のコメント

はじめまして!
dyneさんのブログからきました。
窓の性能は、全くその通り、とても大きなウェイトを占めますよね。
ティアレさんのところは、未だ設計段階なのでしょうか?
東急ホームの場合、オプションとして、第一に追加したいのが、外壁通気層だと思います。
それ以外には、断熱の強化で、まず土間部分でしょうか。ちなみに、我が家は床の断熱以外は、土間、天井、壁、全て強化しました。それと、気密コンセントプレートも選びました(本当は気密コンセントボックスを選べれば良かったのですが・・)ので、ご参考まで。
2007-04-07 Sat 21:14 | URL | かず104 #E6kBkVdo[ 編集]
はじめまして。
コメントありがとうございます。

我が家の現在の状況は11日に着工という段階です。
嬉しい反面、ちゃんと建つのかと不安もあります。

ところで、勧めていただいた外壁通気層ですが、
私は外壁通気層があるという認識でいたのですが、
違うんでしょうか?
構造用合板と外壁仕上げ材の間の通気層のことだと思っていたのですが…。
かなり自信がないんですけど…。

断熱材については私は近畿地方ということもあり、
断熱の強化はあまり考えていなかったのですが、
強化したほうがいいのでしょうか?

気密コンセントプレートや気密コンセントボックスは
初めて聞きました。
情報ありがとうございます。
コーディネーターに現況を確認してみます。

かず104さんのブログも少し覗かせていただきました。
かなりお詳しいんですね♪
これからしっかり読ませていただきたいと思います。
今後もよろしくお願いします。
2007-04-08 Sun 14:37 | URL | ティアレ☆ #jcDualPM[ 編集]
ティアレさん、こんにちは。
11日着工というと、本当にもうすぐですね。

外壁通気層は、ティアレさんのご理解の通りです。
昨年時点では、外壁通気層はオプションでした。標準だと思い込んでいる人もいると、東急の方から聞いたこともあります。
今は標準に変更された可能性もありますが、早急に確認してみるのが良さそうです。

断熱強化ですが、個人的には、近畿地方でもコストアップとの兼ね合いで許容出来れば、困ることは無いと思っていますが、こだわり具合にもよるかと思います。

特に土間は、個人的には、XPS20mmでは不足ぎみかなぁと感じましたので、我が家は50mmに変更してもらいました。

dyneさんのところでは、結露したことがあったともありましたね。ただ、これは引渡し間もないため、土間コンクリートの水分が大きい原因かとは思いますけど、断熱不足も絡んでくる部分かなぁと。

天井は、我が家は、240mmに変更しました。特に夏の日射に多少は効果があるかもしれませんが、標準で170mmあれば、それほど差は無いかもしれません。ここは、こだわりの程度といったところかも。

夏の日射での小屋裏温度を下げるためには、棟換気を多めに取ると効果が大きいと、我が家を建ててから知りました(屋根断熱を併用する方法もあるようですが、これはコストアップ大ですね)。
でも、ヴィンテージだと、寄棟なので、棟換気口をあまり大きく出来ないですね。出来る限り大きくなっているか、図面で確認してみると良いかもです(^^
2007-04-08 Sun 17:06 | URL | かず104 #E6kBkVdo[ 編集]
思わず契約書を引っ張り出してきました(笑)

外壁通気層はオプションなんですか?
完全に標準だと思っていました。
営業の方やカタログの説明にも書いてあったので…。
我が家の契約書の外壁下地の欄は、
「通気工法有」となっていましたが、
これでいいんでしょうか???

断熱材の件、ありがとうございます。
契約書を見てみたところ、
土間床等外周部は「押出法ポリスチレンフォーム保温板3種20mm」になっていました。
床下は90mmになっています。
ところで、初歩的な質問で申し訳ないのですが、
土間というのはどの部分になるのでしょうか?
家の1階はすべて木、タイルやカーペットが
敷かれているのですが…。

天井の断熱は悩むところです。
実は2階リビングで勾配天井、ロフト付きなのです。
勾配天井はグラスウール200mmになってますが…。
断熱強化を真剣に考えたいと思います。

棟換気孔についてもあまり考えていませんでした。
確かに大きい方が小屋裏の暖かい空気が早く抜けますよね。
契約書はL=1820となっていますが、
これが何を表しているかわからないので確認します。
2007-04-08 Sun 22:17 | URL | ティアレ☆ #-[ 編集]
外壁通気層は、我が家の図面(設計図書)では、その他特別仕様のところに「通気工法」と入ってますので、標準に変わったのかもしれませんね。

土間の断熱材は、押出法ポリスチレンフォームを略してXPSで、玄関基礎立ち上がり部分に入ります(1Fに風呂がくる場合もかな)。図面でいうと、基礎伏図のところに、断熱材(ア)○○mmと載っていると思います。

勾配天井の断熱200mmは、そこそこだと思いますし、構造的に、これ以上は難しいようにも思います。
天井断熱部分があれば、簡単に厚みは上げられますが、材料手配も絡みますので、着工が非常に近いということで、断熱強化は無理なく出来ればするということで良いのではないかと思います。

土間断熱の20mmが一番気になるところでしょうか。でも、着工が近いので、対応出来るかは確認しないと何とも・・

また、気密コンセントプレートは、余裕で対応可能だと思います。

棟換気は、図面では、立面図・断面図のところにも、ベンチルーフ L=○○○○と書いてあるかと思います。
我が家は、切妻屋根なので、長く取れるのですが、L=2730ですが、もっと取ればよかったかなと思ったところです。
でも、ヴィンテージの寄棟屋根だと、L=1820というと、これ以上の長さは取れないように想像します。
2007-04-09 Mon 00:09 | URL | かず104 #E6kBkVdo[ 編集]
早速、土間の断熱材についてICにメールを送りました。
どのような返事かくるか、ドキドキで待っています。

構造図面もいただいていなかったのでお願いしました。

棟換気孔は立面図を見ると、これ以上は難しそうです。
一番高い部分の両サイドが408しか空いてませんし。
仕方がなさそうです。
ところでベンチルーフとリッジベンツは何が違うんでしょうか?
我が家はリッジベンツになってます。

2007-04-09 Mon 13:12 | URL | ティアレ☆ #-[ 編集]
こんにちは。
窓の断熱性は、僕もとても重視した点ですね。
かず104さんのおっしゃった「外壁通気が標準だと思っている人」
・・・僕もその一人でした。
契約直前にオプションだと分かり、びっくりして、
あわてて追加しました。
今は標準になったんですね。
外壁通気は賛否両論あるので、標準が当然とは思ってないのですが、
オプションだと一言、言ってほしかったなあと思っています。

土間の断熱材の厚さの件で、この場を借りて、
かず104さんに質問させていただきたいのですが、
20mmを50mmに変更したとき、
基礎コンクリートの厚さはそのままでしたでしょうか?
うちは標準の20mmのままでしたが、
断熱部でないところは、コンクリ150mmなのに、
断熱部はコンクリート130mm+断熱20mm(合計150mm)
というところがあったので、ちょっと気になりました。
断熱は欲しいところですが、
コンクリートを薄くされるのではちょっと心配ですよね。
普通、そんなことはないとは思うのですが、ちょっと心配になりました。
2007-04-09 Mon 13:54 | URL | dyne #CvOBiCF6[ 編集]
標準だと思っていたことがオプションだと焦りますよね。
私はかなり確認したつもりですが、見落としがないか不安です。

土間の断熱材については、私も考えていました。
玄関ポーチのコンクリート厚は120mmになっています。
標準であればこれに20mmの断熱材ですよね?
コンクリ厚をそのままで、断熱材を厚くするということは、
断熱材の部分に透き間が空いているということなのでしょうか?

かず104さんのお家はどのようにされたのですか?
是非、教えてください!
2007-04-09 Mon 14:52 | URL | ティアレ☆ #-[ 編集]
えっと、まず、ベンチルーフとリッジベンツの違いですが、何だか分かりません、すいません(汗)

玄関土間まわりの基礎立上がりですが、玄関ドア下など建物外周部を除いた部分は、基礎立上がり150mmの外側にXPS50mmが付いてます。

我が家の場合、玄関ドア下の辺のみが建物外周部になりますが、ここは図面上、基礎立上がり130mmで、その内側にXPS50mmです。

が、しかし、この部分、立上がりのコンクリート打ちの時、ちょっとハプニングがあって、急遽XPSを取り外して、コンクリートを打ったので、基礎立上がり180mmになってしまいました。その後、XPS50mmを貼り付けました。
ドア直下は断熱ラインが内側になり過ぎるので、立上がり上部のみ150mmまで、コンクリートを削ったりして修正しました。
(なぜ150mmまでかは、我が家は2x6なので、土台が4x6材だからです)
う~ん、文章で説明するのって難しいですぅ・・

http://plaza.rakuten.co.jp/kaz104/diary/200703180000/
の一枚目の写真で、ドア左下部分が室内側にかなり出っ張っているのが分かるでしょうか?
この部分が、基礎立上がり内側に貼っているXPS断熱材の出っ張りです。

ティアレさん、「玄関ポーチのコンクリート厚は120mm」ってところですが、理解が出来ず、すいません。
なお、図面からすると、玄関土間底部に水平には、断熱材は、入っていないようです(未確認ですが)。つまり、玄関土間周辺の基礎立上がりに沿って入っている状態になっています。

(こんな文章で分かるかなぁ・・)
2007-04-09 Mon 23:00 | URL | かず104 #E6kBkVdo[ 編集]
質問責めにしてしまってすみませんm(_ _)m

土間部分の断熱材は基礎の立ち上がりの外側につくのですね。
床に敷くものだと勘違いしてました・・・。
それなら断熱材を厚くしても問題なさそうですよね。
玄関ドアの下の部分はどうなるのか確認してみます。

丁寧な解答ありがとうございました。
2007-04-10 Tue 00:52 | URL | ティアレ☆ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。