家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

家屋調査

過去記事も着々と進めていきたいと思います。

入居して約2ヶ月後、市役所から1通の封書が届きました。
内容を確認すると、
そこには『家屋の評価実施について』の文字が・・・。
とうとう来ました、家屋調査です。
このたった1回の調査で家の価値が決まります。
そして、今後支払わなければならない、
建物の固定資産税の金額も・・・(>_<。)
怖いです。

約束の日時に調査員の方が来られました。
男性と女性の2人です。
↓まずは外回りから・・・。
家屋調査1

使っている部材を見ているようです。

↓続いて中を・・・。
家屋調査2

一通り見られましたが、唯一見られなかったのがお風呂。
洗濯物を干していることを言ったら、
聞き取りだけにしてもらえました。

今回の調査の目的は、
建物の構造 、間取りや内装資材、
屋根・外壁・電気や給排水の設備などの確認です。
内装の詳細が書かれた図面を
写真に撮らせて欲しいと言われましたが、
それは丁重にお断りました。
間取り図だけでもイヤなのに、
さらに内装の詳細までなんて・・・。
調査員の方にはどうしても必要でなければ、
プライバシーもあるので・・・とお話したところ、
どうしてもというわけではないということだったので、
写真は撮られませんでした。

最後に、家屋の不動産取得税のお話がありました。
我が家は要件に当てはまるので、
軽減措置が受けられるのですが、
もしそれでも税金を納めなければならない場合は、
今年の9月までに納税通知書が届くそうです。
え・・・、かなり遅い・・・。
しかも支払う必要がない場合は何も連絡がないとのこと。
どちらでも連絡があるわけではないんですね。
ちなみに、我が家はどうなのかを聞いてみたところ、
もしかすると少し足が出るかも・・・とのこと。
ううう、なるべくなら払いたくないんだけど・・・。
といっても、仕方ありませんね・・・(^_^;)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
入居後 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<土地の不動産所得税 | HOME | チーズケーキ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。