家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

なくてはならない物だが…

人間の欲というのはとどまることを知らないらしい。

星を観ることができる土地が見つかると、
それ以上の贅沢をいうようになった。
それは電線。
星を観るだけなら電線は関係ないけれど、
写真を撮る場合はかなりの厄介者。

星はかなり暗いので、
普通にシャッターを押しても撮ることができず、
シャッターを開けっ放しにしなければならない。
開けておく時間(露出時間)は数分から数時間。
星が点に写っている写真は露出時間は短いけど、
レコード盤のような星が流れている写真は、
かなり露出時間を長くして写したもの。
(私は観望専門なので、写真は撮りませんが…)

天体ドームが欲しいのも星の写真を撮るからだし、
電線に邪魔されたくない!
それでかなりの土地が候補から消えていく…。
特に世間で好まれている南道路の土地は、
道路に電線があることが多く、却下。
これをふまえて、我が家は南道路にこだわらなくなった。

幸いにも仮申込みをした土地は電線は南ではなく東。
電線が全くないほうがいいけれど、
電気のない生活をするわけにはいかない。
今は電線を地中に埋めていて電柱も電線もない団地もあるけれど。
天体観測は南側が中心だし、東なら仕方がないか…。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
土地 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<役所仕事 | HOME | 後から知った事実>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。