家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

加湿器考察Part.3 By ファルコン

こんばんは
引き続きファルコンがブログを担当させて頂きます。

前回の記事で、我が家の加湿器の目的は
 ・夜、寝る時に喉がイガイガしないために加湿
 ・観葉植物のために若干の加湿
の二つと言うことに勝手に決めましたので
どういった加湿器の導入がいいか考察したいと思います。

まず夜間寝室の加湿ですが、
夜は低圧電力よりも夜間電気代が安いので、
低圧電力の全館空調を抑え気味にし、
夜間電気の加湿器で、部屋を暖めながら加湿するのが
電気代的にはお得です。
ということなので、夜間はスチーム式がいいと考えられます。
スチーム式は比較的音の鳴るというデメリットもありますが、
僕の世界一を誇るイビキ(キャンプで隣のテントから苦情も)
の中ではへの突っ張りにもならないということにしました。
寝室のサイズは10畳程度なのでそれなりの加湿能力の持った
機器の選定が必要になります。

つぎに観葉植物のための加湿ですが、
こちらは一日中加湿してあげる必要があります。
昼の電気代は高いので加湿器には部屋の温度を下げてもいいから、
あまり電気使わない機器を使い、
温度の下がった分は低圧電力の全館空調にがんばってもらうのが
電気代的にはお得です
ということで、昼間は超音波式or気化式がいいと考えられます。
加湿する部分も観葉植物の周りだけでいいので
それほど能力の高い機器は必要はないと考えています。

ただ、どちらにしても家中加湿する必要は無いと考えています。
人間は家中うろつきますが、起きている間は喉が渇けば、
蛇口をひねればどこからでも浄水が出てくる我が家なので
トイレの流しの水でも飲めばOK。
っていっても、大抵は近所の薬局で汲んでくるアルカリイオン水
(胃袋が強酸性なので、そもそも水のアルカリ性に意味はない)
を飲んでいます。
寝ている間は水が飲めないので寝室のみ加湿する必要はあります。
あと観葉植物も家中では雨が降らないので加湿の必要があります。

ということで我が家に必要なのは
能力の高いスチーム式の加湿器1台と
能力の低めの超音波式、もしくは気化式の加湿器1台
ということになります。
気化式はあまり種類が無く、デザイン的にも優れたものがないので
リビングに置くのは、超音波式を検討しています。

超音波式の弊害はよくききますが、また日本の大手メーカーも
なぜか超音波式は作っていませんしね。
最近の超音波式は無機物質による抗菌仕様のものが多く、
機種を選べば細菌の発生は気にしなくても良さそうです。
さらに小さいめのタンクのもので毎日水を入れ替えれば
問題ないでしょう。
あと水道水の残留物が一緒に空気中に出るので、
ブラウン管のテレビの画面が静電気で白いホコリを集めてしまう
という弊害もあるみたいですが、
液晶テレビなのであまり静電気も発生してませんし、
水も浄水を使っているので残留物はさらに少ないと思われます。
特に塩素由来の残留物はほぼ無いと考えられます。

大手のメーカーが超音波式の加湿器を作っていないのは
利益率悪いからだと勝手に考えています。
安い超音波式が売れてしまえば、
利益率の高いハイブリッド式が売れなくなるからかな?
何年か使うと換えのフィルターが売って無くって、新しい機械を
定期的に買ってもらうため?とも思ったりします。
ほかには使い方次第で細菌が繁殖したりするので保証の関係で
超音波式を大手が作らないかもしれませんね。
まぁデザインで稼ごうっても日本の大手メーカーには無理ですし・・・

というわけで、我が家の加湿器の選定は大詰めになってきました。
実際に機器の選定はもうすぐ帰ってくる
ティアレがブログってくれることでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
住み心地 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<1週間分・・・ | HOME | 我が家のアスティたち>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。