家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

芝刈り機、どうしよう。。。

こちらの記事で紹介した“芝の穂”。
かなり出揃ってきたようなので、
そろそろ芝刈り機を導入しなければなりません。
といっても何もわからないので、とりあえずネットで調べてみました。

<駆動方式>
手動式電動式エンジン式の3種類の方式があります。
手動式は名前の通り、手で押す事によって刈り込みます。
電源がないので、軽量で持ち運びにも便利。
電動式はコンセントが必要で、
庭の広さによっては延長コードも必要。
手動式よりは大きく重い。
エンジン式は広い庭向き。
手動式や電動式に比べ、
パワーがあるので作業は早く済みますが、コストもかかります。

<刈り込み方式>
リール式ロータリー式の2種類の方法があります。
リール式は螺旋状の刃が縦に回転し、垂直に芝を刈り込むので、
綺麗な切り口になり、仕上がりが美しくなります。
ただし、壁や障害物ギリギリまでは刈り込むことができません。
刃のすり合せの調節や研磨などもメンテナンスも必要になります。
一方、ロータリー式は、
円盤の刃が横に回転することで芝を刈り込みます。
リール式に比べて仕上がりの美しさは劣るものの、
壁や障害物ギリギリまで刈ることができ、メンテナンスが不要です。

他にも刈り込み幅(広いほうが1度に刈れる量が多い)や、
刈り込み高の調整(範囲が広いほうが状況に合わせて調整しやすい)、
芝取りカゴの位置(刃の前にあるタイプは壁際までは刈れない)、
騒音、収納時の大きさなども検討しなければなりません。

結構種類があるんですね・・・(^_^;)

我が家の芝生は10坪程度です。
エンジン式まではいりませんが、手動式では大変かな~。
ただ手動式は車輪と刃が連動しているので、
車輪が空回りしてしまうと刈ることができません。
それに刃の交換ができないので、
切れ味が悪くなったら買い直しとか。。。
となると、電動式?
でも、電動式はコンセントさばきが大変とか・・・。
重さも結構あるので持ち運びは大変だし、収納場所もとる。。。

う~ん・・・、一長一短。。。

メンテナンスの面から見ればロータリー式に惹かれますが、
やはり芝の見た目も重要。
となるとリール式にしたほうがいいのかな。
ちなみに手動式はリール式のみで、ロータリー式はないようです。

ううう・・・、決められない・・・(^_^;)

今まで使った事がないので、
どういうものが使いやすいかなんてわからないし・・・。

う~ん、とりあえず手動式が良いかなあ。。。
比較的廉価なので、もし失敗したと思っても買い直しやすいし。
買い直しを考えて購入するのはもったいないような気もしますが、
何もわからない状態で高価なものを購入して、
失敗したと思うよりはいいかな~。
そう思わないのが一番ですけどね・・・(汗)

といいつつ、まだ悩んでいます…( ̄~ ̄;)


↓↓応援してください!!↓↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
植栽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<芝生の水やりに使った量は? | HOME | 害虫が・・・(>_>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。