家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

スギナの製造地。。。

タイトルはアメリカ民謡の“すいかの名産地”の節で・・・(笑)
(って、マイナーですかね???)

まさに、我が家の裏庭が“スギナの製造地”状態になっています。
緑の絨毯???
高さは大体20cmくらいでしょうか。
とっても立派に成長してくれました・・・(汗)
緑の絨毯のように見えますね・・・(^_^;)
このまま長さを揃えて刈れば、
グランドカバーになりそうですね・・・(苦笑)
(↑現実逃避中です。。。)

裏庭はまだどうするか具体的に決まっていないので、
私としてはこのままに放っておいても、
特に問題はないのですが(見た目と虫以外(苦笑))、
この状態ではいずれご近所さんから苦情を貰いかねないので、
早いところ駆除したほうが良さそうです。
厄介な雑草の代表格ですしね。。。
でも、スギナについて良く知らない私。
敵を滅ぼすにはまずは敵を知らなければなりません。
ということで、スギナについて調べてみました。

トクサ科に分類される夏緑性の多年生のシダ植物。
北半球の寒帯・暖帯に分布し、
湿原地帯、乾燥地帯のどちらにも生息する。
春には胞子茎のツクシを出し、
ツクシが枯れると栄養茎のスギナが生えてくる。
スギナの主な役割は光合成。
増え方はツクシの胞子の他に、
地下茎(根)から芽を出して増える。

酸性土壌のやせた土地に生え、
地中の様々な栄養素を吸い出して地表を豊かにする。
すると、スギナ自体はその土壌に生息することができなくなり、
自然になくなる。

ツクシとスギナの若い葉は食べることができる。
他にもスギナは薬として用いられる。
効果、効用は・・・。
利尿作用、血圧安定、腎臓炎、膀胱炎、肝炎、肝臓病、糖尿病、
止血、解熱、咳止め、肺結核、肋膜炎、月経不順、
腫瘍を消す、心臓や血管を丈夫にする、タンを切る、
コレステロールの沈着・排出、血液サラサラ、がん予防、
うるしかぶれ、あせも、化粧品かぶれ、湿疹、皮膚炎、ニキビ、
疲労回復、強壮、強精作用、ダイエット etc...

名前の由来は草の形が“杉”に似ている説や、
節のところで切れても継ぐから“継ぐ菜”と呼ばれ、
それが転訛してスギナになった説がある。

駆除方法は、除草剤を使う、塩を撒く、熱湯をかける、
ほうれん草のゆで汁をかける、防草シートを貼る、
苦土石灰を撒いて土壌改良する、根気よく根っこを取る etc...

ざっと調べただけですが、驚きの連続でした。
その中でも1番ビックリしたのが、
スギナがいろいろな症状に効くという事。
“スギナ茶”として販売もされているようです。
ツクシが食べられる事は知っていましたが、
スギナも食用できるとは驚きでした。
実は“厄介な雑草”ではなく、“宝の山”なのかも・・・(笑)
でも、私自身は体内に取り込むのには抵抗がありますし
(かなり苦いそうです)、
だからといって収穫して売るというのもどうかと・・・。
我が家ではやはり駆除するほうが良さそうです。

ということで、気になるのは駆除方法ですが・・・。
除草剤はご近所さんからの指摘により使えません(詳しくはコチラへ)。
塩を撒くのは塩が土壌の残ってしまうので避けたいです。
熱湯とほうれん草のゆで汁は、
このスギナの量では現実的ではありません。
防草シートは地中にシートを敷いて、
植物が根を張らないようにするものです。
費用はかかりますが、効果は期待できるようです。
ただ、最初にスギナの根っこを取る必要があるようです。
苦土石灰は酸性土壌を中和し、
スギナが生息できないようにするものです。
時間はかかるようですが・・・。

う~ん・・・、現実的には苦土石灰かな。。。

ただ、土壌改良してスギナがなくなると、
その後は他の雑草が生えてくるようで・・・(>_<。)
種類は変われど、結局は雑草との格闘になりそうです。

となると、残るは・・・。

根気よく根っこを取る・・・?

なるべくなら選択したくない選択肢ですが・・・(^_^;)
スギナの根は地中30cmくらいのところを貼っているそうなので、
全て取り除こうとすると、それ以上掘る必要があります。
それに葉の部分を鎌で刈ると、すぐに鎌が切れなくなるとか。。。
さらに根を途中で切断すると成長を促してしまい、
ますますスギナが増えてしまうとか。。。

チャレンジする前から、すでに敗北の予感・・・(^_^;)

スギナに勝てる気がしません・・・(>_<。)
でも、なんとかしなければ。。。
とりあえず掘ってみようかなあ~。
新たな準備物は何もいりませんし・・・。
大変そうですが、運動不足解消には良いかも・・・(苦笑)
でも、余計に増やしてしまったりして・・・(汗)


↓↓応援してください!!↓↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
裏庭 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<初めての芝刈り! | HOME | 芝生の水やりに使った量は?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。