家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
スポンサー広告 |

外壁&屋根

続いて、家の外装をどうするか…

まずは外壁から
使用するのはオールドブリック
外壁下地が通気工法有なので、
ブリックを引っかける乾式タイルになる。
ちなみに湿式タイルとは、
外壁下地に接着剤等で直接タイルを貼るもの。

ブリックの色は6色から選べる。
これは悩まずにグレーに決定!
契約前から決めていたし♪
実はお世話になっている店長の方の家の外壁がグレー。
それを一目見て、気に入ってしまったので…(笑)

ブリックの色の次は目地の色。
標準では白とグレーが選べる。
他の色はオプション。
今後のことを考えてあまり追加をしたくないので、
標準から選ぶことに…。
そうすると、白かグレーか。
グレーの外壁にグレーの目地もシックでいいと思ったけれど、
少し暗めになるし、
タイルと目地が同化してしまうのはイヤなので白にすることに。
ただ、仕様がツルッとした目地から、
骨材入りの少しゴツゴツした目地に変わったらしく、
ショールームには小さなサンプルしかなかった。
私は想像力がないので、実物を見てみないとわからないタイプ。
近くに同じ目地で建築した家がなく、
隣県に行けば実物を見ることができるらしいが、それは遠い(>_<。)
施工済みの実物を見ることができないことに不安は残ったが、
骨材入りの白の目地にすることにした。

外壁が決まったところで屋根へ。
我が家の屋根は5.5寸の寄棟。
一番高い部分に棟換気のリッジベンツが付く。
屋根材はコロニアルNEOを使用。
色は4色から選べる。
外壁がグレーで目地が白なので、あまり色つきの屋根は合わない。
そこで、選んだのはネオブラックという色。
ただの黒!

これで外装は終わり。
でも打ち合わせはまだまだ続く…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
仕様 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キッチン&全館浄水 | HOME | 電気配線>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。