FC2ブログ

家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

<6日目>自己チェック

午後からJIOと東急ホームの配筋検査があるので、
その前にじっくり見に行きました。

↓上からみた写真です。
防湿シート結露

鉄筋が重なる部分にはすべて、針金のような細い金属で、
結束されています。
防湿シートにも水滴が着いているのがわかります。
これは地面からの湿気をちゃんと防いでいるという印です♪
所々、防湿シートに穴が開いていますが、
これは生コンが流される前にテープで塞がれます。

↓自分でも計ってみました。
チェック

写真ではわかりにくいですが、鉄筋の重なりを計りました。
鉄筋の継ぐ場合、
直径の40倍以上の長さを重ねなければならないそうです。
この鉄筋はD10なので、
40cm以上重なっていなければなりません。
実際は43cm!
もちろん、問題ありません♪

↓立ち上がり部(外周部)の配筋です。
チェック2

太い鉄筋がありますが、これはD16です。
写真は外周部の鉄筋のかぶり厚を計っています。
鉄筋はコンクリートの中になければ、
強度を出すことが出来ません。
そのため、鉄筋にかぶせるコンクリートの厚みは、
きちんと決められています。
外側のかぶり厚は5cm以上必要ですが、大丈夫でした♪

↓鉄筋の下にはピンコロと呼ばれるスペンサーが入っており、
 鉄筋を浮かせてあります。
ピンコロ

底版のかぶり厚は6cm以上必要ですが、
東急ホームでは7cmのピンコロを入れるので、
多分問題ないでしょう…、と思っていたら、
鉄筋の重みにより、
6cm以上取れていないところを何カ所か発見!
午後の検査の時に対応してもらえるようです。

信用していないわけではないんですが、
自分で計ってみて、とても満足できました。
とても丁寧な基礎屋さんのようです♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
基礎工事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

<4日目>配筋

3日目(午前中)は2日目に打った捨てコンの養生のため、
動きはありませんでした。

↓翌日、現場に行くと、すでに配筋が組まれていました。
配筋

東急ホームの基礎は、ベタ基礎です。
我が家は補強の必要がないので、配筋のピッチは、
D10@200
(直径10mmの鉄筋を200mmのピッチで組むという意味)です。
鉄筋の下に白く見えてるのが防湿シートです。
これで地面からの湿気を防ぎます。
奧に見えているのは外周部の鉄筋の一部です。
今後もっと複雑になっていきます。
まだ配筋の途中なので、
組み終わったらチェックしてみたいと思います。

↓現場にはこんな機械もありました。
鉄筋曲げ

鉄筋を曲げるためのものです。
かなり簡単に曲がっていました♪

それにしても、工事が進むのは早いなあ~(汗)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
基礎工事 | コメント:4 | トラックバック:0 |

<2日目>防蟻処理&捨てコン

早速朝から現場へ…と思ったのですが、
昼からショールームで打ち合わせがあったので、
打ち合わせが終わってから現場に行くことにしました。
でも、打ち合わせが長引いてしまい、
現場に着いたときにはすっかり夜!
現場の状況も昨日とはすっかり変わっていました。

↓土は家の形に削られ(根切り)、
コンクリートが流されています。
捨てコン


↓こんな看板も設置されていました。
防蟻処理

土壌の防蟻処理がされたようです。

写真では順番がおかしくなっていますね…。
根切り後、栗石が敷き込まれ、
防蟻処理がされた後、捨てコンが流されたと思います。
残念ながら、確認できませんでしたが…(>_<。)
まさか、こんなに早く進むと思っていなかったし…。
こんなことなら、
やっぱり打ち合わせの前に見ておけばよかったなあ。

ただ、この状態の現場を見て、
一つ不安に思ったことがありました。

地鎮祭の時、
神主さんが現場監督の方に預けられたものがあります。
確か、護符だったと思いますが・・・。
土地の因縁などを断ち切るためのものです。
神主さんが、
「これを工事が始まったら、家の中心に埋めて下さい。」
と仰っていたのです。

ちゃんと中心に埋めてもらえたのだろうか…???

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
基礎工事 | コメント:5 | トラックバック:0 |

<工事1日目>着工

4月上旬、とうとう着工です
やっと現場が動き出します♪

着工するにあたり、コーディネータの方から連絡がありました
それは着工前日に遣り方をしたいとのこと
遣り方とは基礎工事に先立ち、
建物の位置や基礎の高さを示すための仮設装置のことです。
基礎より一回り大きくつくられ、基礎はこれを基準に作られます。
実際に土地にさわるのは着工当日とのことだったので、
着工前日に遣り方をしてもらうことにしました。

着工当日。
早速、朝、現場に行ってみました。

↓基礎屋さんによる掘削作業が始まってました。
削り

手前に見えている杭と板が遣り方です。

↓看板も設置されました。
看板


↓工事中に使われる電気の線もひかれてました。
分電盤


↓水道もあります。
水栓


↓仮設トイレも設置されてます。
トイレ


↓細かいなあ~と思ったのはこれです。
側溝に土などが入らないように穴に蓋がされています。
ふた


それにしても、結構早く現場に行ったつもりなあ~。
最後の更地の状態を写真に撮りたかったし…。
結局、一度も自分では更地の状態を
写真に収めることは出来ませんでした(>_<。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
基礎工事 | コメント:3 | トラックバック:0 |
BACK | HOME |