FC2ブログ

家づくりに至った経緯やマイホームに対する思い、建築中の様子や建築後などについて綴っています
MacOS X用「Safari2.0.3/FireFox2.0.0.4/Camino1.0/Opera9.21/Wazilla1.3/Netscape7.1」では正しいスタイルで表示されることは確認済みです。
Windows用「Internet Explorer」ではスタイルが崩れます。癖の強いブラウザ用にスタイルあわすのは難しいです。Mac用の「Internet Explorer」は論外ですが・・・

床&トイレ 他

地縄立会後、午後から打ち合わせでした。
今回は外壁の確認、トイレの色、床の色などなどです。

前回、外壁のブリックと目地の色は決めましたが、
今回はディンティルモール、軒天、窓枠、ポーチ柱、
玄関ドア、勝手口ドアなどの色です。
結構決めなければならないように感じましたが、
かなりあっさり決定。
決定した色はミルクリークホワイト♪
目地が白なので、他の色を使うより、
色を合わせた方がシックになると思ったので…。

外壁が決まったので、続いてトイレです。
東急ホームの標準のトイレは海外メーカーのものです。
色はホワイトとアーモンドの2色から選べます。
悩んだ結果、とりあえずホワイトに決定。
白いトイレのほうが清潔感があるかなあ~という思いからです。
2つあるから1つずつ色を変えてもいいんですけどね☆

続いて床。
前回の打ち合わせで、ホビールーム、LDKと廊下の床の色は、
アンティークに決めましたが、今回は子供部屋になる予定の洋室。
標準仕様ではカーペットですが、我が家は合板に変更。
なので、合板の色を選ばなければなりません。
たくさんある色の中から、かなり悩んだ結果、
メープルクリアというナチュラルな明るい色にしました。
やっぱり子供部屋は明るくしたかったからです。

そのほかにキッチンのレンジフードの色も決めました。
もちろん白です(笑)

改めて書き出してみると、我が家は白がかなり多いかも(笑)

色決め以外では、2階のバルコニー部分の掃き出し窓を
国産メーカー製からアンダーセン社製に変更しました。
アンダーセン社製の掃き出し窓は少しサイズが大きいので、
入れられるかどうか確認してもらい、
問題なしとのことだったので、即決定です!
追加料金もほとんどかかりませんでしたヽ(ฺ๑⌒∇⌒)ノ

今回の打ち合わせは4時間ほどで終了です。
だんだん細かいところを
決めなければならなくなってきたようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
仕様 | コメント:2 | トラックバック:0 |

キッチン&全館浄水

まだまだ続く打ち合わせ

続いてキッチン
天然オーク材の扉に人工大理石の白いカウンター
吊り戸棚はなし。
なぜなら私の身長が小さいから…(>_<。)
つけても届かないし。
その分の収納を考えてアイランドを選択!
場所はとるけれど、作業台にも使えるし。

そこまで決まっているので、
決めるのは扉の面材の色とタイルの色。
面材は4色。
タイルは2色。
私のあこがれは白いキッチン。
なので、もちろん白を選択♪
アンティークにこだわるなら、
無垢を生かした色にしたほうがいいんだろうけど。
キッチンまでアンティークにしなくても
いいかなっていうのもあるし。
冷蔵庫やレンジはシンプルモダンが流行で、
アンティークのものはあまりないし・・・。

他にはキッチンの扉の面材と合わせた食器棚を追加。
約21万円…。
た、た、高いよ~(>_<。)

続いて、前から悩んでいた全館浄水。
そろそろ決めなければならないらしい。
地盤改良がでなければ入れるつもりだったけど、
まだ地盤調査がされていない段階…。

散々悩んだ挙げ句、採用することに。
理由はやはり私の手荒れ。
宿泊体験をしてかなり気に入ってたし。
多分、地盤改良はでないだろうとの考えから。

これで打ち合わせは終了。
午前11時前から始まり、途中でお昼を挟んで、
終わったのは午後6時過ぎ…。

コーディネーターさん、長々とありがとうございました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
仕様 | コメント:2 | トラックバック:0 |

外壁&屋根

続いて、家の外装をどうするか…

まずは外壁から
使用するのはオールドブリック
外壁下地が通気工法有なので、
ブリックを引っかける乾式タイルになる。
ちなみに湿式タイルとは、
外壁下地に接着剤等で直接タイルを貼るもの。

ブリックの色は6色から選べる。
これは悩まずにグレーに決定!
契約前から決めていたし♪
実はお世話になっている店長の方の家の外壁がグレー。
それを一目見て、気に入ってしまったので…(笑)

ブリックの色の次は目地の色。
標準では白とグレーが選べる。
他の色はオプション。
今後のことを考えてあまり追加をしたくないので、
標準から選ぶことに…。
そうすると、白かグレーか。
グレーの外壁にグレーの目地もシックでいいと思ったけれど、
少し暗めになるし、
タイルと目地が同化してしまうのはイヤなので白にすることに。
ただ、仕様がツルッとした目地から、
骨材入りの少しゴツゴツした目地に変わったらしく、
ショールームには小さなサンプルしかなかった。
私は想像力がないので、実物を見てみないとわからないタイプ。
近くに同じ目地で建築した家がなく、
隣県に行けば実物を見ることができるらしいが、それは遠い(>_<。)
施工済みの実物を見ることができないことに不安は残ったが、
骨材入りの白の目地にすることにした。

外壁が決まったところで屋根へ。
我が家の屋根は5.5寸の寄棟。
一番高い部分に棟換気のリッジベンツが付く。
屋根材はコロニアルNEOを使用。
色は4色から選べる。
外壁がグレーで目地が白なので、あまり色つきの屋根は合わない。
そこで、選んだのはネオブラックという色。
ただの黒!

これで外装は終わり。
でも打ち合わせはまだまだ続く…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
仕様 | コメント:0 | トラックバック:0 |

電気配線

朝7時からの住宅ローンの契約を済ませ、
次はショールームでコーディネーターの方との打ち合わせ
前回の打ち合わせから約1週間後
2度目の内装の打ち合わせ
約束の時間は10時だったが、45分くらいの遅刻m(_ _)m

まずは前回の打ち合わせの時に予告されていた電気配線から。
この1週間、カタログで選んだ照明を伝えていく。
リビングはシャンデリア+ファン。
玄関、ホビールームと寝室に選んだのはシャンデリア。
ダイニングはペンダント。
書斎と子供部屋はシーリング。
階段、洗面所の鏡の上とホビールームの窓側にブラケット。
玄関収納、ウォークインクローゼットとトイレは電球。
キッチン、廊下と洗面所はダウンライト。
玄関の外、外壁には左右にブラケット+センサー。

私の好みはどうも花の形らしい。
シャンデリアもブラケットも、
無意識のうちに花の形を選んでいた(笑)
まあ、今は形だけで照明自体はずーっと後でいいので、
今後好みが変わる可能性もあるけれど。

考えた照明を一通り伝えると、
コーディネーターの方から
部屋の大きさや目的に合わせて照明のアドバイス。
それで追加したのは、勾配天井とキッチンのスポット。
勾配天井部分を照らす照明があったほうが、
部屋全体が明るくなるということと、
キッチンの手元は明るい方がいいということから。

照明の形を位置を決めると同時に、スイッチの位置も決めていく。
大抵は部屋の入り口につけるのでさほど悩まずに決まっていく。
だが、やはり問題は隠れていた!
問題になったのはキッチンの照明のスイッチ。
我が家はキッチン、ダイニング、リビングが、
L型一続きになっていて内壁がない!
壁がないところにはスイッチはつけられない。
でもあえてそのためだけに壁を作るのはもったいないし。
外壁はあるけれど、それではかなり遠くなってしまう。
悩んだ結果、食器棚のところにスイッチをつけることに。
食器棚は上と下が分かれているのでその間ということになる。
つけれるところがあってよかった~(笑)

とりあえずこれで照明は決定ということに。
でも、この時点で悩んでいたのは寝室の照明。
シャンデリア1灯かシャンデリア+ブラケットか
ダウンライトか…。
上棟後の現場での打ち合わせで最終決定になるので、
まだ悩む時間はある!

照明に続いて、コンセントの位置を数を決めていく。
これはある程度部屋のレイアウトができていないと決められない。
だいたいはスムーズに決まってが、悩んだのはTVの位置。
リビングの端に置くか、リビングとダイニングの間に置くか…。
とりあえずリビングの端に置くことに決定。
でも、これもまだまだ悩むことに…。

電気配線の打ち合わせはこれで終了。
だが、打ち合わせ自体はまだまだ続く…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
仕様 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ショールーム見学2

お風呂見学の続き…

INAXでの用事はお風呂の仕様を決めることだったが、
ショールームには他にもキッチン、トイレや洗面所などがある。
今までショールームを見たことがなかったし、
今後の参考にしたいと思い、そちらも見せてもらうことに…。

特に興味があるのはキッチン。
我が家のキッチンは壁付けL型+アイランド。
コンロとシンクはL型にあり、アイランドは作業台。
もともと広いキッチンではないのに、
アイランドを置いてしまったため、かなり狭くなってしまった。
その中で、最も気になっていたのはキッチン内の通路の幅。
ショールーム見学の時点での通路の幅は60cm。
今住んでいる社宅より狭い(>_<。)

ショールームの案内の方に60cmという話をすると、
幅を実感できるスペースがあるということなので、
そちらで確認することに。
それはI型のキッチンが固定してあり、
壁を動かして幅を調整できるというもの。
早速、動かしてみる。
まずはもちろん60cmに…。
と思ったが、
なんと70cmまでしか狭くならなかった…
話を聞くと、通路幅は70cmより広くするのが一般的らしい。
2人がすれ違うためには最低70cmが必要との理由から。

たしかに60cmは狭いかも…。
70cmでも圧迫感を感じたし。
でも、我が家の場合はどんなに頑張っても、
70cmまでしかスペースをとることができない。
もっと広くしたいのはやまやまだが、
いまさら間取りを変更することもできないので、
70cmであきらめることに…。
ただ、我が家の場合は壁ではなくアイランドなので、
そんなに圧迫感がないことを祈りたい!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ランキングに参加しています☆
  この記事がお役に立った方や、
  楽しく読んでくださった方はぜひとも!!
  役にも立たず楽しくもなかったけれど、
  なんとなく読んでしまった方も
  是非、応援してください!!
         ↓                    ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ 
仕様 | コメント:2 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT